読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

MINAMI WHEEL 3日目

ほんっとうに久しぶりに3日連続ライブでライブに行くっていう暴挙?をやらかして、しかも3日間かなり全力で楽しめて、幸せだなぁと思った3日間の最終日。

2016年10月10日、月曜日。

わたし的ミナホ最終日の記録です。

 

心斎橋着はお昼過ぎ。
この日の大猫の1番手は岡崎体育。

入場待機列がえらいことになってまして、大猫がある4階からスタート、地下まで行って折り返してまた4階まで到達してたそうなので、この3日間で1番並んでいたのではないかと思います。
そりやぁ、体育の日に岡崎体育、これやりたい組み合わせですよね笑。

 

あわよくば(入れそうなら)、岡崎体育かエビか悩んでいた私の選択肢はこの行列を見た瞬間に1つに絞られまして。
私のこの日のスタートはSUN HALLでの溺れたエビ!に決定。
いやー楽しかった!!
普段手拍子の文化に身を置いてないもので、手拍子はほとんどしませんでしたが、文字どおりエビ達と踊り倒して、ヲサからエビいただきました。

https://www.instagram.com/p/BLiZ5kNhC_9/


写真はエビにまみれたいただいたエビをかぶったエビです笑。
ほんまに楽しかった!!
このバンド、12月に京都で片山ブレイカーズのイベントに出るんですが、その日金沢に出張なんですの。
行かれへんやーん!!
泣いていいですかwww。

 

この日は3日間を通して1番ゆったりしてまして、これが目当てってものは夕方まで特になく。
なので、お友達のところに押しかけてお昼を食べて、これまた別のお友達が推薦するバンド、がらくたロボットを観ました。
一緒にお昼を食べたお友達は名前で選んだバンド、「アップル斎藤と愉快なヘラクレス達」を観に行ったんだけど、どうだったんだろう笑。
がらくたロボットは若々しい直球のロックンロールって感じで何だかおばちゃんはちょっと息苦しくなってしまった笑。

 

で、休憩しつつブラブラしつつOSAKA MUSEでの井乃頭蓄音団へ移動。
このハコのトリを飾るビジュアル系バンドを観に来たと思われる小綺麗な女子たちのなかにちらほらといのちくを観に来たと思われる雰囲気の人たちが混ざる、というなんともカオスな状況だったけど、すごくよかった。
ずっと観てみたいと思っていたバンドの1つであったこともあいまって、すごくすごく楽しめました。
これが衝撃的やったwww。


【MV】井乃頭蓄音団『アンゴルモア』

演奏も上手いし、歌詞は聴いてて何だか切なくなってしまうし…。
四星球にしてもそうなんだけど、わたし、笑って泣けるものが好きなんだなぁって改めて実感。
これは泣ける!っていうだけのモノを見せられてもなかなか泣きませんもの、嗚呼天邪鬼笑。

 

いのちくが終わって、ひとしきりメンバーさんに絡んだ?あとで大猫へ移動。
目的は爆弾ジョニーでした。
まぁきっと入れないだろうなぁって思ってたんですけど、案外?すんなりと入れて、なんだかうれしい誤算。
リハの音が聴こえている時点でなんだか緊張してしまっていたんですが、約2年ぶりに観る爆弾ジョニーはやっぱりキラキラしてました。
でも、2年ぶりっていう部分もそうだけど、バンドが(外面的にはね)絶好調だった他の時に活動休止の道を選ばざるを得なかった、あの時を経ての2年だってっていうピリピリした感じもなく…なんていうか図太さみたいなものが加わって、より力強くなっていたような気がする。
最初は後方にいたので、1曲目が終わって、りよーめーくんが「ただいまぁ!!!」って絶叫した時まで彼の表情が見えなかった。
でも、その表情を見た瞬間に、以前と同じようにドキドキする自分も帰ってきたのを感じました。
まだまだやり足りない、みんなに聴いてもらいたい曲がいっぱいあるからワンマンで会いましょう。
おかえりなさい、そして、これはワンマン行かなあかんやつや、そう思います。

 

本当ならこれで締め…なんですが、今年のミナホは最後にKING COBRAでイヌガヨを観て締めることに。
ミナホ本編には出演していなかったイヌガヨ。
初日のキンコブの前、2日目のkneve、3日目のOsaka MUSEと、この3日間、いろんなところでじゃっくさんがチラシを配っているところに遭遇したりして、その度に「体力残ってたら来てください」って言われてて。
正直体力は残ってなかったし終電も怖かったけど、この日のイヌガヨは観なあかん気がして、気がついたらキンコブにいました。
ミナホの運営陣に対する怒りしかない3日間を過ごしたというじゃっくさん。
「俺らやらギャーギャーズやら押しのけて、事務所がバックについて出てるバンドどんなもんやろって見に行ったら、お客さん5人くらいしかいなかった」
って言ってました。
5月から出演者を募集していて、3日間スケジュールもあけて待ってたのに、落選の連絡来たのが9月20日過ぎてから…って確かにバンドがどうこう以前に運営的に問題ありません??って確かに思います。

いろんな大人の事情とかあるんやろうけど、地元関西のライブハウスシーンで頑張ってて、支持されてるバンドをもうちょっと評価して欲しいのは確か。で
も、彼らが見せてくれたパフォーマンスは最高に暑苦しくてカッコいいものだったから、きっと来年こそは本編に出てくれると信じています。

 

これにてわたしのミナホは終了。
よる年波が激しいもので、ついったとか見てたらよく書いてある、
「ライブで力もらったから明日からまた頑張れる」
なーんてことはとてもとても言えません。
むしろ着実に体力を奪われていると思います。
それでも翌日、死んだサバみたいな顔しながら仕事をこなしつつ、この3日間に聞いた音楽たちを脳内再生していたのは確か。

出会った人たち、音楽たちに、ありがとうを。
それから、また来年お会いしましょう!!

***********************

ランキングなぞ参加しています。

ぽちっとして頂けると喜びます。

にほんブログ村