読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

A FLOOD OF CIRCUS 大巡業 2016@京都磔磔

ライヴの記録

続いてもライブの記録です。

女王蜂は、絶対1回は磔磔で観てみたいと思っていたバンドの1つ。
で、ずっと機会をうかがっていたのですが、今回、仕事で行けなくなってしまったお友達からチケットを譲ってもらって、野望がかないました。

 

というわけで、2016年10月23日、日曜日。

フラッドのツアーに初参戦です。

https://www.instagram.com/p/BMArBl8h1ZK/

先攻は当然女王蜂。

いやー、エヴァンゲリオンで使徒が表れるときのテーマ?が流れて、メンバーが登場して、それから、磔磔の階段のてっぺんにアヴちゃんが姿を見せた瞬間、こっちも昇天しそうになりましたがな。
それっくらいカッコよかった。
…って総括してしまうとその一言になってしまうんですがwww。

最初は本当に最後尾に近い後方で観ていたんですが、途中でたまらなくなって前へ。
アヴちゃんの目ヂカラと表現力っていうか…表情も声の表現も凄まじくて、ドキドキした。
この日は、フラッドの佐々木くんを意識してか、白シャツにライダーズ。
なんだか男子っぽくて、それがまたセクシーでした。

最後に「オトコノコはドン引きしちゃうかも知れないけど、関西弁の歌をやるんでみんな歌ってください」って「告げ口」やったんですけど、あれもたまらんかったなー。

「音楽って、殺しあう勢いでやっても実際に殺すわけじゃないから、そこがすごい」って言ってたアヴちゃん。
あとで佐々木くんも
「ライブ後は3人くらい殺してきたんちゃちゃうかみたいな顔してる」
って言ってたけど、本当に迫力がすごかった。
でも、とても愛らしいところもあって、そして動作も歌声もすべてが美しい。
なんとも表現が難しいけど、でもすごくいい歌い手であることは確かだと思います。
それからアヴちゃんから放たれる日本語の美しさは格別です。
この日はやらなかったけど、その美しさをビシビシ感じられる1曲をどうぞ。


女王蜂 『売春』(オフィシャルビデオ)


そういえば、アヴちゃん、フラッドの佐々木くんのことを「ささぴょん」って呼んでました、
「フラッドのライブの時に言わんといてや、怒られるから」
とか言ってて、かわいかったですwww。

 

そのアヴちゃんのことを大好きだと公言してはばからない佐々木くん。
「アヴちゃんのファンの人にに刺されるかも知れないと思ってるくらい仲が良いのはおれとドレスコーズの志摩くんです。2人でアヴちゃんのコトを取り合ってます」
とか
「アヴちゃんからガラスの仮面借りてます。
続き貸して!!」
とか言うてましたっけ。

 

それから、フラッドが女王蜂の「デスコ」をカバーしたんですけど、その時にTシャツに峯田みたいな短パン、ニットキャップっていういでたちのアヴちゃんが登場、わいたフロアに対して、
「おれのおかげでアヴちゃんのニットキャップ姿見れただろう!!」
ってドヤ顔した佐々木くんに噴いた。

 

この日はフラッドのベースの姐さんの「6回目の18歳」の誕生日だったそうで。
女王蜂がやってる時にアヴちゃんが音頭を取って、みんなでハッピーバースデーを歌い、フラッドのアンコールの時にも佐々木くんの音頭とギターでハッピーバースデーを歌い…。

ちなみにメンバーから姐さんへのお誕生日プレゼントはちびまる子ちゃんから「大野くんと杉山くん」のDVD、さくらももこ先生ロングインタビュー付き、でした。
ヒサヨ姐さん、さくら先生が

フラッドはこれまでオトダマでしか観たことがなくて、ライブハウスでちゃんと観たの初めてだったんですけど、すごくかっこよかったです。
最後尾で観てたんですけど、客席にダイブする佐々木くんを、
「運びに行かなきゃ!!」
って思ってしまったことは内緒です。
あの人マーヤのこと大好きやけど、マーヤちやうから運んでくれる男子いっぱいおるから大丈夫や。
でも、ナウシカのようにお客さんの上に立った彼の姿のマーヤ感は思わず叫びだしそうになるくらいのものでしたwww。

 

この日の磔磔の入り口。

f:id:mkawa_a:20161028231041j:plain

これ、ハロウィン仕様なの?それともどこでもこんな感じなの?
なんにせよ、こんなにファンシーでポップな磔磔の入り口は初めて。

そんなこんなも含めて、女王蜂もフラッドもとてもとても磔磔というライブハウスがとても似合ってました。
それから、演奏もお客さんも激しかったけどなんだか微笑ましくて、また観たい組み合わせの対バンです。

***********************

ランキングなぞ参加しています。

ぽちっとして頂けると喜びます。

にほんブログ村