読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

DOBERMAN presents 『MOONSTRUCK JAMBOREE 2011』@服部緑地野外音楽堂

 

あけて2011年7月25日。
服部緑地野外音楽堂でのドーベルマン主催のイベントに参加してきました。
ワタシ達界隈での通称、犬フェス。
だって、メンツがDOMERMANに赤犬、それからスクービー。
そのほかにも犬ガオなメンツの集まった楽しいイベント。
どのバンドも楽しかったし素晴らしかったけど特に久々に観たスクービーにキュンキュンした、そんなライヴの記録です。
この日は朝からいくつか用事を片付けまして。
まずはコンビニ行ってこの日のチケットを発券(遅いよ)。
それから郵便局へ行ってフラカン@広島のチケットを受け取る。
でもって、電気屋さんへ行ってデジカメケースを購入。
ここまでは順調だったんですが、電気屋さんの駐車場で車のイモビライザーが誤動作するというハプニング。
これを解除するのに思いのほか時間がかかってしまって、出発するのが遅くなってしまいました。

この日はマキシスカートにタンクトップという姿で出発。
ずっとやってみたかったんです、でもって、BACK ONでマキシスカートふわふわさせて踊りたかったんですよぉ、1回でいいから。
でもやってみると何回もやってみたい、あれキモチいいわ(笑)。
日除けには日焼け止め+前日のフラカンライヴで買ったバスタオル+日除けのグローブといういでたちで。
完璧だと思うでしょ??でも焼けたよ、やっぱ(笑)。

なんだかんだで開演時間をちょっと過ぎたあたりの時間に緑地公園の駅に到着。
駅を出たところからの道案内のカンバン、めっちゃかわえぇぇぇ。



自然にテンションあがります。
ちなみに会場の前はこんな感じ。
会場の中もなんかイチイチかわいかったなぁ。
暑さでへろへろで写真をあんまり撮れず…無念。



会場ではすでにYOUR SONG IS GOODのライヴが始まってました。
手近な席に荷物を置いて、早速通路で踊る。
やっぱ楽しいや、ユアソンで踊るのって。
ユアソンが終わって友達と合流。
でもって友達が取っといてくれたお席へ。
ホントにありがとうなのです。

で、続いて赤犬
このバンド観るの何年振りだろう。
前回はzepp osakaでモンパチの前座で観たんです。
その時とはヴォーカルさんも変わってるらしく。
サウンドチェックのときから真っ赤なジャケット来た人がステージの上にわらわら(笑)。
何ていうかのど自慢の伴奏の人たちみたい。
昭和のかほりがただよいます。
でもってステージ上にはマイクスタンドが4本。
え??ヴォーカルさん、4人ですか???
って思ってたら、青いジャケット来た青犬さんが3人登場、続いて登場したメインヴォーカルさん、遅れてきたアイドルみたいですごかったです。
…ほめてるんだよ??
他のヴォーカル3人も小指は立ってるは、客席に乱入してお客さんとチークダンス踊るわ、お客さんの食べさしのキュウリもらうわ…超!!個性的(笑)。

で、赤犬からカジくんの間にスクービーの物販へ。
今回も缶バッヂを購入、
「何回も買ってるけど当たんないんですよね~」
って言いながら封筒をあけましたらば。
キターーーーー♪当たり。
しかもリーダー♪



一気に夏気分が倍増する選曲で、キュンキュンすること間違いなし♪

で、カジくん。
やっぱり短パン。
でもって超!!ポップでカワイイ。
ドラムがRiddim Saunterのタイチくんでした。
ほとんど座ってなかったよね、この人(笑)。

で、カジくんが終わり、ワタシたちは前方のスタンディンエリアへ。
お次は我らがSCOOBIE DO!!
サウンドチェックのときからカッコいい。
コヤマシュウのシャツがヒョウ柄で萌えました(笑)。
そうそう、スーツのジャケットからちゃんと出てなかったヒョウ柄シャツの襟をナガイケジョーが直してあげてたんですが、その姿にハナヂを吹きそうになりました。
リハで「RIDE ON TIME」やってくれた時に空を見上げたら、ホントに飛行機が飛んでてびっくりした。
で、コヤマシュウ、
「リハでした~、また後でね♪」
っていったん引っ込みます。
カワイイ。

SCOOBIE DOセットリスト
1.太陽と女の子
2.Get up
3.キミとオレ
4.イキガイ
5.Back On
6.Funk-a-lismo!
7.夕焼けのメロディー

オープニングナンバーはやっぱりの、太陽と女の子。
なんだろう、この曲を生で聴いたこの瞬間に夏が始まった気がします。
ホントにいい声で、いい音。
キモチいい音。
そういえばキミとオレはライヴで聴くのはじめてかも。
それから、「イキガイ」。
この曲はしょっぱなのベースのフレーズ聴いた瞬間にきゅんとしてしまう。
歌詞を聴いてたら涙が出そうでドキドキしました。
それから、ナガイケジョーのコーラスしてる顔がホントにそそる顔で(笑)。
何ていうの、泣きそうな顔でコーラスしてまして。
いやぁ、萌えた(笑)。
この日の彼はちょっとだけ「デレ」だったような気がします。
ライヴがはじまったときは、眉間にしわが寄ってたんだけど(笑)。
でも、途中からはなかなかに優しそうないい笑顔でございました。
あと、モビーもホントに暑そうで、汗だくでブルブルって首を振る姿がワンコに見えて仕方なく。
…チャウチャウ??(笑)。

MOONSTRUCKって、気が狂ってるっていう意味があるんだそうで。
(家に帰ってから調べてみたら、月光が狂気をもたらすという信仰からきてるんだそうです
だから、こんな暑い日に、大阪の中心部からも離れたこんな場所に音楽を楽しむために集まってるお前らは最高に狂ってるよ。
今日は昭和歌謡あり、スウェーデンあり、ロックあり、最後はジャマイカまで行っちゃうから、「MEET THE WORLD BEAT」にすりゃあよかったのに。
とか言ってたかな。

それから、
「回れ!!回れ!!」
ってBACK ON。
ガチで回る、回る、踊る、踊る。
途中で目が回っちゃって転びそうになったけど、やめらんないさ。
間奏でコヤマシュウがスピーカーの上に登ってました。
それを苦笑しながら観に行くナガイケ。
スピーカーの上から飛び下りる姿も何のためらいもなくスムーズでみとれちゃう(笑)。
やっぱ、かっこええええぇぇぇ!!!!!
回って踊って騒ぎまくって、ぶつかったりした方々ゴメンナサイでした。
イス席から観たらさぞやとっ散らかって見えたんだろうなぁ(笑)。
Funk-a-lismo!では、ドーベルマンのホーンの人がゲストで登場。
いやぁ、ホーンの音もキモチいい。
そして、夕焼けのメロディーでスクービーは締め。
楽しみにしてたotodamaの発表はありませんでした。
「新しいアルバム作って、11月にはもう1回大阪に来ます。
でも、それまでに来るかも…」
って言ってたので期待してお待ちしております♪

お次のモンパチはイス席で楽しみました。
一番新しいアルバムからの曲が多かったのかな?
キヨサクが思いのほか育っててびっくりした。
沖縄のコトバで、美人、べっぴんさんのコトを「ちゅらかーぎー」っていうんだそうで。
「大阪のちゅらかーぎーにささげます」
って最新アルバムからPretty Womanのカバーと、小さな恋の歌をやってました。
で、締めになるのかなぁって思ってたら、ワタシが大好きな曲、神様をやってくれました。

そして最後はドーベルマン
いやぁ、楽しかった。
今年のKINDAMAで彼らを観るチャンスがあったんですが、へろへろになって力尽きてたんです。
今回もすくービーで使い果たしてたんでイス席で踊ってましたが、もうちょい元気があれば前で観たかった。
でも、観れてヨカッタ、知らない曲ばっかだったけどホントに楽しかった。
また観たいなぁ、このバンド。
キーボードの人がステキでした(笑)。
ぐらぐら揺れるキーボードの上に無理やり立って踊る姿も、弾きながら缶ビールをぐいいっっと開けて缶をほうり投げる姿、それからセットによじ登って飛び下りる姿。
高いところに登るには年季と気合と根性が必要なのだと改めて実感しました(笑)。
秋葉くん、がんばってね♪




そして、20時前にはイベントは終了、その後は友達と梅田まで移動してプチ打ち上げ。
翌日仕事なのにガッツリ呑んで、終電で帰宅。
…ワタシは呑んでないけどね(笑)。

さて、次回。
8月4日、広島横川シネマでのフラカンのアコースティックライヴに参加です。
半年ぶりの広島で、半年ぶりのDJまでガッツガッツ楽しんでこようと思います。
その前に行けたら磔磔での怒髪天の上映会に行くかな、こっちはまだ思案中。
8月も楽しくなりそうです。