読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

『酒蔵のボス水島さん還暦祝・初日~ピースサインは指3本!~』@京都磔磔

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!

最近なんやかんやと忙しくしておりまして、更新、レポともに滞りがち。
何とか追いつこうとこれからもがこうと思っております(笑)。

さて。
売れてるバンド、そうでもないバンドいろいろいろいろ含めて。
磔磔はワタシが一番行ってるライヴハウスだと思います。
それから、どんなバンドでも磔磔で観るライヴは特別で格別。
ぎゅうぎゅうの磔磔も、テーブルとイスが出てて、焼きめしとか食べながらライヴを観れる磔磔も、私にとっては極楽なのです。



というわけで。
2011年10月12日。
そんな酒蔵のボス、水島さんの還暦祝いのイベントに参加してまいりました。

おかっぱメガネに萌え、タオルグラサンに萌え、かわいい酔っぱらい3人組に萌えた、そんなライヴの記録です。 
この日は実家の仕事のお手伝い。
だもんで、会場への到着は開演ギリギリになりました。
入場して、通路わきにいた友達と無事に合流、開演を待ちます。

ちょいおしで開演、まずはつじあやのちゃんの登場です。
ボーダーにメガネにおかっぱ、それからウクレレ
超!!かわええええぇぇ!!
っていうか顔っちっさい、めっちゃ華奢、うらやましい。

いっつもはみんなが座ってる状態でライヴをするという彼女。
この日の磔磔は前方4列くらいがイス席、その後ろがスタンディングっていうセッティング。
だから、お客さんが立ってる状態でライヴをやるのがすごく新鮮だといってはりました。
あと、京都で育った彼女にとって、磔磔ってやっぱり特別な場所なんだそうで。
大学2回生のころから磔磔で歌わせてもらってるという彼女。
最初はファーストステップコンサートというオーディション的な性格を持つライヴに出て、そこから出演の機会を得ていったそうです。

それから、「大事な人を思い浮かべながら聴いてください」って演奏されたこの曲が沁みた。

初めて聴いたけど、初めてな感じがしなかったのは、ワタシが持ってるデジカメのCMで使われたからなんですね、納得(笑)。

あ、あと、西岡恭三さんのプカプカのカバーもやってました。
この曲も好き♪

それにしても、この人の声って、ホントに伸びやかで、どこまで伸びるの??って思うほどきれい。
あたたかでうららかで、ぽかぽかした気持ちになるのです。

そんなこんなでつじあやのさんおわり、清水音泉の田口さん(通称T口さん)が登場、
バリケードがありませんので、特にピーズさんのライヴの時は押したりしないで下さい」
それから、
「撮影、録音は禁止です」
って、…今更??
で、主賓?のボス、水島さんを呼び込みます。
赤いダウンにハンチングがかわいい♪
この日の磔磔のステージには、こんな看板。



内緒のゲストは、この看板に水島さんに書きこんで発表する、そんな趣向。
このゲストの情報が結構もれてたからチケットソールドアウトになってたのかと思ってたらそうでもなかったみたいで、水島さんが「生」→「田」…って書いた時点でフロアーはかなりザワザワ、最終的には黄色い歓声が飛び交う状態に。
そう、内緒のゲストは、奥田民生さまさま!!



…見える??見える????
ところで、このざわざわ→きゃぁぁぁあ!の真っ最中に、
「あ、グレート前川さんですね」
って言ったT口さん、空気読めてません(笑)。

さて、そんなこんなで民生さんがワタシ達のすぐ横を通って登場。
赤のTシャツがかわいい、めっちゃ似合ってる!!
っていうかこの距離で彼を拝むことなんてこの先の人生であるかどうかわかんないって思ったら目頭が熱くなって、奥田民生磔磔で観てるってことに激しく感動してしまいまして(笑)。

1曲目が終わったところで、
「一曲5分で…ごろくさんじゅうだから…」
とかぶつぶつぶつぶつゆうてました。
で、
「ほんじつはぁ、このようなぁ、おめでだいひにぃ…」
とかって、すっげぇぐだぐだな感じ。

2曲歌い終わって、
「段取りとか全く決めてないんで…、なんか聴きたい曲ないですかね」
フロアーから、
「パフューム!!」
って声が飛ぶ。
先日の宮島でのライヴで、広島出身のアーティストの楽曲をということで、この曲もやったらしく、
「なんか暗かった会場が、この曲やったら一気に一体になったもんね、宮島と地方の映画館が一体化したよ」
なんだそうです。
で、演奏されたのがPafumeの「レーザービーム」。
のっけからPafumeの曲じゃあない、めっちゃカッコイイアレンジ!!
それにしても民生さんの口から、
「ラヴビーム」
ってなんだかすごい違和感(笑)。

「今日は、なに??
つじあやのちゃんとピーズが好きな人が集まってんだよね??
どんな人が来てんのかちょっと見てきて、って言われて。
あ、そうか、メガネのピーズが好きな人が集まってんだ」
とかゆうてたかなぁ。
あと、並んでるイスを見て、
「座ってる人たちはピーズが始まったらどうすんの?」
って聞いて、
「立つ!!」
って答えに対して、
「ダメだよ、立っちゃ。
だって、あの4列目くらいの人の幸せそうな感じみてよ。
あの辺にも小さい人立ち入るんだからさ」
「じゃあ、サッカーの日本代表みたいに中腰で…」
とか。

「内緒のゲスト」だってことをことさらに強調する民生さんがかわいかった。
「内緒のゲストにどこまで求めんの?
何ならこれからずっとしゃべって終わってもいいんだよ」
なんて言っててかわいかったなぁ。

それから、


この曲がすごくすごく良かった。
国名を列挙する歌詞がすごく良かった。
それから、民生さんの声量のすごさと迫力に圧倒されました。
最後はさすらいで民生さんしめ。
やっぱこの曲、好きです。
この曲でみんなで歌うの大好きです。

続いてはピーズ。
いつも通りのグダグダしゃべりながらのゆる~いセッティング。
その最中に、前列に並んでたイスが取っ払われるて、後ろからかぁるく押されて、5列目くらいまで前進して、ピーズのスタートを待ちます。

結局、メンバーは1回も引っ込むこともなく、内緒のゲストの話がしばし展開された後で、いきのばしでスタート。
この曲も好きです!!
あと、チキチキバンバンとか木の実?とかやってくれました。
あいかわらずハルさんってばなにゆうてるのかわかんない(笑)。
このイベントの翌日は競馬のおっきいレースがあって。
後から友達から聞いた話なんですが、アビさんはいっつも「自分の名前にちなんだ馬買い」というなんともいえない馬券の買い方をするらしく。
今回は、「アベンチュラ」っていう馬を買われたようでして。
ハルさんがこの馬の名前を連呼してて吹きました。
「ここは9時までしか音が出せないんだよ、アベンチュラ~!」
「だからしゃべってばかりいたらダメなんだよアベンチュラ~!!」
とか。

あと、何の曲の時だったか最後にアビさんが、
「うりゃぁぁぁぁ!!!」
って吠えててちょっとビビりました(笑)。
ハルさんがバカ受けで、
「せっかく楽器持ってんだから、音出せばいいのに、うりゃぁぁぁっって…」
「体育会系すぎるよ」
あと、つじあやのちゃんのことをなんて呼ぶかでもめて??ましたな。
最終的には「メガネ、ツジマル」になると(笑)。

そしてピーズのメンバーは引っ込むことなくそのままアンコール。
つじあやのちゃんと民生さん、それから本日の主役である水島さんを呼び込んで。
もちろん水島さんがドラム担当で、
演奏されたのは、この曲。


YOUTUBE探したらシンディ・ローパーが歌ってるやつを見つけてびっくりしてピックアップしてしまいました(笑)。
原曲はどんななんだろう。
ベースをシンちゃんに預けてしまって、ハンドマイクで歌ってたハルさんがめっちゃかわいかったのです。

終演後、外に出るとこの日のための特製Tシャツを販売する物販には長蛇の列ができておりまして、明日も来るから明日でいいやぁ、ってなっちゃったワタシたち、そのまま打ち上げに参加して帰宅となりました。

この日のアリガトウ。
まずは3組のアーティストに。
特に民生さんに。
磔磔で観る彼はバンドセットの方が好きだなんて思ってたワタシのココロをいい意味で打ち砕いてくれました。
ハンパない迫力でした。
それからザ・ピーズに。
ハルさんがなにゆうてるのかわかんないのが相変わらずなので、もっと精進して勉強します(笑)。
でも、何とも言えないゆるさとかさみしさとか悲しさとか、それからギラギラしてキラキラしてる彼らのライヴはとてもかっこいい、そう思います。
そして、京都が誇るライヴハウス磔磔のボス、水島さんに。
地元であることもあるけど、磔磔はワタシにとってもホームのライヴハウスです。
好きなハコはたくさんあるけど、その中でもとびぬけた存在の磔磔
どんなバンドでもここで観るライヴはワタシにとって特別なものなのです。

さて、次回。
まだまだ追いつけないのですが、翌日のパケラン。
9月ぶりのフラカン、ようこ姉さん、そしてニートビーツはなんと5月の騒祭ぶり。
もりもりもりもり踊ります!!