読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

金沢、ぶらり旅

JUGEMテーマ:ぶらり旅

初めて行く土地って、それがどんなところでもとっても楽しくてドキドキします。
ライヴに行くことが目的の一つであることは確かなのですが、そんなドキドキを味わいたくて、行ってまいりました、金沢。

2012年4月21日。
朝7時ごろに自宅を出発、京都駅からまずは新快速で敦賀を目指します。
敦賀からは普通列車に乗り換えて、金沢まで約2時間半。
車内では本を読みながら音楽を聴いて、のんびりまったり過ごすことができました。
唯一の誤算が、進行方向むかって左側の座席に陣取ったのに、海が全く見えなかったこと。
iPhoneで地図を確認するまで知りませんでしたが、JR北陸線って案外内陸を走ってるんです。
そんなこんなで金沢着が12時半ごろ。
金沢駅、めっちゃ立派。
建造物フェチのハート、くすぐられまくり(笑)。

 

そんなコトは置いておいて。
まずは近江町市場で友達と合流、お寿司をいただきます。
はい、ノドグロ、白エビ、ガスエビ!!



ノドグロはもちろん、ガスエビがめっちゃ美味しかった!!
帰宅後に母から教えてもらったんですが、ドロエビとも言うそうです。
「ガースー」とか言いながら食べちゃってゴメンなさい(笑)。

そこからバスに乗って、21世紀美術館へ。
ここ、ずっと来たかったんです。
プールの底から空を見上げたら、自分の中の何かが変わる気がして。
でも、残念ながら展示の入れ替え中で、地下階に降りることができず、プールは上から覗きこんだだけ(笑)。
次回、必ずやリベンジしようと思います。
この美術館、市立なのですが地上フロアと常設展時は入館料が無料なのです。
なので、私たちのような観光客はもちろん、市民の方の憩いの場的な感じで、とても素敵でした。





外周。

 

市民ギャラリー。

 

外にあったカラフルな展示物。
カラー・アクティヴィティ・ハウスっていうんだそうです。
他の展示物も適度におしゃれで、更に、どう言ったらいいのか難しいんだけど、観覧者である私たちとの間に距離を感じない展示で、とても楽しかったです。

そこから徒歩で兼六園へ。
別の友達から、
兼六園、この期間は入場無料だから」
って教えてもらって行ってきました。
さすが日本三大名園と呼ばれることはあります、とても素敵なお庭でした。
友達からは、
「桜が見頃でキレイだよ」
って教えてもらってたんですが、ワタシがビックリしたのが、松の壮大さと美しさ!


ほら、どーん。



これも素敵!!

園の中にあった、前田家のお屋敷?も行ってきました。
帰ってきてから調べたら、成巽閣って言うんだそうで。
ここは庭園以外は撮影禁止だったのですが、和洋折衷で、変な言い方ですが奇想天外な色遣いの施された、とても素敵なお屋敷でした。





あ、ここでの展示が、前田家伝来の御所人形の展覧会。



こんなお人形なんだけど、えも言われない程にモリス的。
モリス的な画像を見つけることができなかったんだけど、モリス的。
これがもりもりもりもりたくさん展示されてる様を想像してみて、ホントにモリス的だから(笑)。

ライヴ前に長くなったので、ライヴの記録は次回に。
ドロロン♪