読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

仙台、ぶらり旅

JUGEMテーマ:ぶらり旅

ずっと前から参加してみたかった、春フェス
しかも、宵祭は去年仙台で開催できなかったからやらなかった、フラカン和義の500万ボルト。
手に入らなくて諦めていたチケットも色んなご縁があって、手許にある。
しかもしかも、わずかでも被災地に直接ワタシがお金を落とせる、数少ないチャンス。
コレは行っておかないと。
という訳で。





2012年4月27日から29日、仙台へ行ってまいりました。
自分の力のなさを感じたり、でも楽しかったり、勇気をもらったり。
そんな3日間の記録、第1弾です。

出発は26日の夜、京都を21時前に出発する高速バスで仙台を目指します。
出発前の1週間ばかり意識して疲れを溜めるようにしていたのも手伝って(笑)、案外寝ることができまして。
気が付いたら新潟の黒埼というパーキングでした。



そのあとも、なんだかんだでもう1回眠ることができまして。
次に目が覚めたら、福島。
基本的にはどこでも眠ることができるワタシ、便利だなぁってつくづく思います。

そんなこんなで仙台に到着したのが、午前8時ごろ。
とりあえず、ホテルに荷物を預けて、朝ごはんを食べようとマクドナルドへ。
ホントはスタバでのんびりしたかったけど、マクドナルドだったらiPhoneが充電できるのです。
ところで、この日、仙台では某ジャニーズグループのコンサートも開催されておりまして。
そんなのもあって、駅前はお揃いのバッグを持った女子たちと、アラバキ入りするバンドマンと思しき方々、それから前乗りしてるアラバキロッカー達で軽くカオス状態。
駅前には2件マクドナルドがあったのですが、どちらもジャニーズ女子でいっぱい。
ま、数で勝てる訳がない訳で。
ってうか勝ち負けの問題ではない訳で(笑)。
そんな女子のかほりのぷんぷんするマクドナルドのただ中に投入されたアラバキロッカー、しかもおばちゃん、それでも何とか座席を確保して朝食にありつきました。
でも、iPhoneは充電できませんでした、アイタタ。

本を読みながら朝ごはんを食べて、コーヒー飲んでお化粧して。
あ、ちなみに読んでたのはコレ。


仙台といえばこの作家、この作品でしょう(笑)。
で、この日は仙台で撮影された伊坂幸太郎作品のロケ地を回るという何ともマニアックなコトを目論んでおりまして。
…仙台を初めて訪れるヒトがやるコトじゃありませんね(笑)。

その後、本格起動したワタシ、まずは藤崎という百貨店を目指します。
なぜなら。
この百貨店が、映画のロケ地だったから。
でもって、最初のシーンで使われてたエレベーターがここのエレベーターだったから。
…なんてしょうもない理由(笑)。



他にお客さんがいなかったのをいいことに、何往復もエレベーターに乗るワタシ、やっぱりおかしい。
あと、ここにきたのにはもう一つ大きな理由がありました。
それは、仙台にお住まいのマイミクさんにごあいさつするコト。
無事にお会いすることができまして、用意してたお土産もお渡しすることができまして。
お仕事中にお邪魔してごめんなさいでした&お会いできて嬉しかったです。

あ、それから、コレを買いました。

 

ヴィヴィアンのチャリティーハンカチ。
同柄の布を貼った缶バッヂがついています。
オーブの総柄なんだけど、真っ赤なオーブが、ハートであり、心臓であり。
ほんの少しのコトだけど、キモチとお金が届いたら良いなぁ、って思います。

その後、青柳くんと森田くんの待ち合わせのシーンで使われた仙台フォーラスへ。

 

続いてそのまま北上して、首相暗殺のシーンのロケが行われた定禅寺通と青柳くんが出頭しようと試みる公園のシーンが撮影された当匂台公園へ。
ここには小さい野外音楽堂があって、それが映画に使われています。
もちろん、その音楽堂も写真に撮ろうと思ったんですが、おじさまが3人ほどステージ上に転がってらした(笑)ので撮影は断念しました。
そのかわり?公園のすぐ裏にある宮城県庁の展望ルームから仙台市を一望!



この写真の下の方に映ってるのが件の音楽堂です。
ワタシは、この音楽堂のシーンの後、この映画のクライマックスが大好きで。
とくに、花火のシーンは、
「そんな馬鹿な」
って思いながらも、何回観ても泣いてしまう。
あの、花火が打ち上がるタイミングと、せっちゃんが唄うゴールデンスランバーが流れるタイミング。
これ以上のものはそうはないんじゃあないかって、そう思います。

あ、ちなみに公園はこんな感じ。
謎の彫刻がw。



 

リキシマンみたい(笑)。
そして、お花、キレイ。

ここで時間はだいたいお昼頃。
再び南下して、ランチするお店を目指します。
行ったのはここ。

 

同じく伊坂幸太郎の作品の「重力ピエロ」が映画化された時に、ロケ地になったお店です。

ワンプレートのランチをたべて、コーヒー飲んでちょっとのんびりして。

 

仙台駅まで戻って旅の初日にもかかわらずお土産を買ってホテルに戻ってチェックイン。
シャワーを浴びて休憩して、お次はいよいよロックンロール500万ボルト!

*今回、ロケ地めぐりについては、このサイトを参考にしました。
せんだい旅日和