読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

BONE TO RUN! YUMEBANCHI! 2012@ 米子コンベンションセンター BiG SHiP

 
という訳で。
「クルッタシュウマツ」の記録、第2段。
とはいってもまだ初日(金曜日)が終わっておりませんw。
米子でのクロマニヨンズ×斉藤和義、参加してまいりました。



いやぁ、よく知らなかったんだけど。
このイベント今年で3回目なんだそうで。
ということは初回の松山(前座が何とナオト・インティラミだった!!)から行ってるワタシは皆勤賞ということになります、オソロシヤ。
妖怪の町、境港を後にして、米子に向かいます。
とはいっても早朝4時から遊びっぱなしのワタシたち。
疲れも眠気も相当にたまっておりまして。
ネカフェでちょっとでも睡眠を取りたいと、リサーチ。
したらば、会場近くの米子駅前のサティにネカフェがあるらしいという情報をキャッチしたので行ってみたんですが…、閉店してました、ガッデム!!
そんなこんなでミスドでお茶飲んでちょっとだけ休憩して、ちょっとだけ睡眠もとって。
開演ちょい前くらいに会場に向かいます。



うへ、会場広いなぁ。
そこで前進するお友達とはいったん分かれて、2ブロック目の最前列を陣取って開演を待ちました。

ほぼ定刻に開演、トップバッターはandymori
初めて観るバンドで、予備知識も全くなかったけど、いい声のヴォーカルさん。
友達も後でゆうてたけど、ちょっと志村くんを彷彿とさせる感じがした。
それから、適度にオシャレでレトロでシュールで、でもどこか古臭くて、のびやかで、軽やか。
そりゃこんなバンドと都会で対バンしたら圭介さんへこむわw。

それはさておき。



この動画のしょっぱなでやってる曲がホントに良かった。
なんて言ったらいいかわかんないけど、すごくキレイな世界観。
でも、いろんな人の日記読んだりしたけど、やっぱりぬぐい去れないアウェイ感。
ワタシの両隣の人たちなんて微動だにしてなかったもん。
踊れとは言わないけど、ちょっとはのろうよ、楽しくない?この音?

ま、そんなヒトのことはどうでもいいや。
ちょっとイラっとするけれど、どうでもいいや。


あとね、この曲も気にいったよ、だからまた機会があれば観たいバンドになったよ。

さて続いてのセットチェンジ。
ステージの後ろの方とか全く観えなかったけど、センターマイクにピックが刺さってない、ということは、お次はクロマニヨンズだ!!
テンションは上がりますが、なんたって今自分がいるのは2ブロック目ですからw。
前進も後退もいたしません、いや、できませんw。

メンバー登場の時に、ワタシの後方から、
ヒロトーーーーっっっ!!」
ていう野獣の咆哮のような叫びが聞こえて吹きました。
そんな声が耳に入ったもんだから、ここでも盛り上がるか??って思ったけどそうでもなかったなぁ、そんなの関係なく踊り散らかしてきたけど。
だって、いきなり「突撃ロック」でスタートですよ?
踊るでしょう、これは。
しかもツアーが終わったからもう聴けないかなぁって思ってた「底なしブルー」も聴けた。
やっぱりこの曲はテンションがマックスに振り切れます。
ヒロトブルースハープがカッコよすぎる、この曲。
MCでは松本薫さん(柔道の金メダリスト)のものマネしてました。
それはちょっとわかんないよ、でもかわいかったっす。
あと、「ファーストアルバムから聴いてください」ってMCからの草原の輝き。
これも久しぶりに聴いた気がする。
イントロの時に手拍子起こっててちょっとビビりましたw。

そして、今回も後半の圧巻の流れに涙腺ごと持って行かれる。
「底なしブルー」から、今回のアルバムのオープニングナンバーでもある「他には何も」、そして「エイトビート」から「雷雨決行」!!
余計なことなんて何も言わなくてもいい、語らなくてもいい、ライヴで彼らの音楽を楽しめばそれは全部伝わるんだと、そう思った訳で。

そして引き続いてはせっちゃん!
4月に仙台で観て以来のせっちゃんです。
ただ、体力的に限界が近づいてたので(マニヨンで踊りすぎた)、ステージに背中を向けて柵にもたれた状態で仮眠をとってまして。
そしたらなんだかただならぬ視線を感じて目が覚めまして。
上を見上げたら、同年代くらいの方がワタシをにらみつけて見下ろしていらしゃる。
「ふむ、オレなんかしたかな、踊りすぎてこの人の足とか蹴っちゃったりしたかなぁ」
とか思いながら再度眠りにつきまして。
あとでよくよく考えたらこの方、せっちゃんを観に来たのね?
で、ラモンズTにスキニー、足元はスニーカーという姿でマニヨンで踊り狂ってるワタシを観て、
「この人は斉藤さんの前に退くわ」
って勝手に思ったのね。
でも退かないからイラっとしたのね。
↑全部推測。

…退かないよ?おれ、せっちゃんも観に来たんだから。
で、せっちゃんの登場で跳び起きて前方を見ますと。
ワタシがいた2ブロック目の前は通路。
だからスタッフさん以外の人があんまりいなくてすごく見やすい場所だなぁって思ってここを陣取ったんですが。
その通路にあふれる人、人、人!!
スタッフさんが注意しても退かない。
その人が退いても、またすぐに人がやってくる。
…あぁ、せっちゃんを観に来た人たちのこういうとこホントに苦手だなぁ。

そんなことを思いながらせっちゃん、スタート。
オープニングはずっと好きだった。
原発ヴァージョンはもうやらないのかなぁ、あっちの方がワタシは好きだなぁ。
あと、この日の立ち位置(というより前方のでかい方々の人口密度)から行って、フジイがあんまり観えんかった、これにはちょっとしょんぼり。
あ、「幸福な朝食、退屈な夕食」を久しぶりに聴いた。
それから、
「みなさん楽しんでいらっしゃるトコロ、水を差すようで恐縮なんですが、暗い曲を1曲」
なぁんて言いながら、中島みゆきさんの「そばや」のカバー。
いい曲で、いい歌詞。
歌詞に気をつけて聴いてたら、なんだか泣けてきた。

それから新曲の「ひまわりの夢」。
うん、いい曲だ。
でも初聴きの衝撃的に「Don't Worry be Happy」に近いものがw。
そしてそして、ホントに久々に聴けた「I Love Me」。
メーターが振り切れました。

何ゆうてたかなぁ、オリンピックのコトゆうてたかな。
「水泳とかは観ちゃいますね、乳首とかはみ出さないかなって」
いやいや、アイドルの水泳大会と違いますからw。
あと、
「体操は白いレオタードでやってほしいですね」
なんだそのしょうもないAVみたいな発想はw。

そして、「月光」から「やさしくなりたい」でせっちゃん締め。
「やさしくなりたい」のイントロの時にいっつも後光が射して見えるんですが、気のせいでしょうかw。

続いてのアンコール。
せっちゃんが登場して、
「もう1曲、カバーをやろうと思います。
今日はせっかくヒロトさん、マーシーさんと一緒なので。
ホントに聴くと泣けて泣けて仕方なくて、ホントに大好きな曲で」
って紹介からまさかの「青春」!!
ワタシの口からこの日一番のぎゃぁぁぁぁぁ!!が登場w。
だってこの曲が生で演奏されてるのを聴くのって、2005年振りだから、7年振り!
せっちゃんも
「歌いながら泣きそうになっちゃた」
って半泣きの?声で言ってたけど、ワタシも泣いちゃったよ。
そしてアンコールの締めは「歩いて帰ろう」。
この曲をやってみんなで合唱しなきゃ締まらないよね、ホントにそう思います。

そして終演後。
来たのと同じ経路をたどって、お友達の家まで帰宅。
帰宅と同時にお布団勝手に敷いて、勝手に横になって、勝手に就寝。
「泥のように眠ってた」んだそうですw。

そして翌日はクルッタシュウマツ2日目。
朝7時半に起きていったん帰宅。
実家のお仕事を手伝って、その後は磔磔へ。
磔磔でのビートモーターズ×片山ブレイカーズ

その記録は、以下次号を待て!

********************************************
20120803 BONE TO RUN! YUMEBANCHI! 2012セットリスト

ザ・クロマニヨンズ
突撃ロック
ひらきっぱなし
ギリギリガガンガン
オートバイと皮ジャンとカレー
草原の輝き
グリセリンクィーン
底なしブルー
他には何も
エイトビート
雷雨決行
ナンバーワン野郎!

斉藤和義
ずっと好きだった
Would you join me?
幸福な朝食退屈な夕食
そばや(中島みゆき
ひまわりの夢
I Love Me
月光
やさしくなりたい

EN
青春(ザ・ハイロウズ
歩いて帰ろう