読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

ヤッホー茶漬け、探訪

 
先日の金沢でのフラカンライヴの終了後。
あの、「ヤッホー茶漬け」を食しに行ってまいりました。

お友達に、
「金沢へ行くよ」
って言ったら、
「ヤッホー茶漬けは行ってみて、衝撃的だから」
って言われ。
…お茶漬けが衝撃的ってどういうこと???
くすぐられまくりのワタシの好奇心。
という訳で、お店の場所と営業時間をリサーチ。
それ以外の予備知識は敢えて持っていない状態で突撃です。

この日のライヴは終了が21時ごろ。
ドリンク飲んだり、うだうだしたりしてライヴハウスを出たのが21時半過ぎ。
開場を出て、土曜日の片町の繁華街を抜け、目指したのはトンバラで有名な宇宙軒食堂の裏手にある、「志な野」というお店。
そう、さきほどから「ヤッホー茶漬け」と連呼していますが、ここ「志な野」という正式名称があるのですw。
お店のカンバンの電気がついてなくて、一回通り過ぎましたよ、っていうか細い路地の奥にあって気付かなかったw。

そんなこんなで、お店の前に到着したのが22時ちょっと前。
お店の前にはすでに女子が1人、並んでおりました。
埼玉から1人旅で来たらしい。
で、開店までのあいだその女子も一緒にしゃべってましたら、開店時間を5分くらい過ぎて、おばちゃん登場、お店の前に暖簾をかけます。
お、開店なのね、でもカンバンの電気ついてないけどいいのかなぁ…
そんなことを思いながらお店にイン。
お店はカウンターのみで7席ほど、カウンターの中にはおばちゃんとおじちゃん。
座るやいなや、
「ヤッホー5つでいいの?」
とおばちゃん。
そこで埼玉女子がちょっとした勇気を振り絞った発言w。
「何ができるんですか?」
そこで、そこまで無言だったおじちゃんが
「…何もできんっっっ!!」
… な ん で す と ?
したらばおばちゃんがメニューの説明をしてくれました。
もうね、おばちゃんが通訳にしか見えんくなってきたww。

一番人気のメニューが「志な野茶漬け」通称「ヤッホー茶漬け」。
おかずとゴハンが別の器で出てきて、おかずが残っている限りはゴハンのおかわりができるんだそうです。
というコトバから想像するに、壁には梅茶漬けとかなめこ茶漬けとかいろんなメニューが貼ってあったんですが、これはもう完成したお茶漬けの形で供されるのね?
よくは覚えていないんですが、他にもおつまみ系のメニューが貼ってあったんですが、注文する人いるんだろうか??
…っていうより注文を受け付けてくれるんだろうかwwww????

ま、当然と言えば当然なのですが、全員「ヤッホー茶漬け」を注文。
まずはゴハン。
「はい、ゴハンヤッホー」(5回繰り返す)
続いておかず。
「はい、おかずヤッホー」(5回繰り返す)
最後に急須に入っただし(だし茶漬けなのだ)。
「はい、だしヤッホー」(これは3回、なぜなら出てきた急須が3つだったから)

一通りそろったところで、おじちゃんがいきなり
「やっっっ!!!!」
ってマジで大声で叫ぶ。
ココロの準備ができてなかったもんで、ビックリしました。
だってすごい大声だったんだもん。
…いや、準備ができてたとしても相当ビックリするけど。
もいっかい強調するけど、このおじちゃんのガリガリのカラダのどこからって思うような大声だったんだよう、ちょっと怖かったよう。

で、お約束の写真撮影。
とりあえずさくさくっと撮影。



だがしかし、他のアングルは一切撮れず。
というのが、隣にいたお友達が同じように写真を撮ろうとしたところ、
「お客さん、早く食べて!!遊んでる間ぁないで、早く食べて!!」
と結構な語気でおじちゃん。
それを受けて?おばちゃんが、
「うちは厳しいからね」
って謎のフォロー。
…っていうより解説??
だもんで、とりあえず、「イタダキマス」。

ゴハンは丼にちょっとの小盛りくらい?
上にあられがちょっとかかってます。
おかずは平皿に、梅、焼たらこ、焼じゃけ、わかめ、おつけもの、シラス、コンブなど。
おだしはちょっと甘めかな、でもいい味がしてまして。
案外するする食べられるなぁ。
おかずは結構盛りだくさんやし味も濃いし、これはおかわり必須やわ。
そんなふうに思いながら箸を進めておりますと。

カウンターからおじちゃんのつぶやきが聞こえる。
「はよ、誰か、ヤッホーして!」
これがこの日一番のツボww。

そう、この「ヤッホー」っていうのは「おかわり」のこと。
おじちゃん早く誰かにおかわりして欲しかったんですw。
それまで、誰が「ヤッホー(おかわり)」の先陣を切るか、知らず知らずの間にけん制し合ってた(と思われる)ワタシ達、ついに1人が
「ヤッホー」
と丼を差し出します、うぅむ軽快なヤッホーだw。
そしてワタシもついに、
「ヤ…ヤッホーでお願いします」
↑案外チキンwww。
結局おかずの味の濃さ(つまりは減りの遅さ)に負け、2回ヤッホーして、お勘定。

お勘定の時も、
「はい、730円ね、ヤッホー」
「はい、お釣り270円ね、ヤッホー」
とすべてが「ヤッホー」。
最終的には、こちらも「ごちそうさまでした」の代わりに「ヤッホー」って口走ってた気がします、洗脳かw。

これね、今こうやって書いてるとちゃんと笑えるんですが、現地には笑えない空気が充満しております。
お店出てからため込んでた笑いを発散しましたものw。
それからそれから結局お店のカンバンの電気、最後までついてなかったけど、いいのかなぁ。



ホントは飲んだ後の締めのお店なんだそうですが、ライヴ後の空腹を満たすにはじゅうぶん。
そんなこんなで、次回も時間があれば行ってみようと思います。
ヤッホー♪