読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

フラワーカンパニーズ・アコースティック・ワンマンライヴ 「フォークの爆発2012~座って演奏するスタイルです~」@大阪新世界通天閣劇場

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE! 
さて、アコースティックのフラカンにまみれた8月もいよいよ終盤。
職場の夏休み明け、2日目、まだまだ社会復帰できていないココロとカラダを抱えて、行ってまいりました、新世界。



という訳で、2012年8月21日、火曜日。
フラカンのフォー爆、通天閣劇場へ行ってまいりました。
今年のフォー爆はこれで最終日。
当初は大阪がツアー初日だったんだけど、日程が変更になっちゃって、この日がツアーファイナルと相成りました。
結果オーライだったんじゃあないかなぁ、ものすごく盛り上がったし、この3日間の中で一番笑ったし。
それに何より、会場の雰囲気とライヴの雰囲気がすごくマッチしてて、「えぇ感じ」だったのです。
この日はお仕事は時間単位のお休みをいただきました。
15時半に職場を出発して、大阪を目指します。
ところがどっこい、15時頃にキョートはいきなりの大雨!!
その影響を受けてか、バスがずいぶんと遅れてしまいまして。
会場到着が結構ギリギリになってしまいました。

それでも御堂筋線の動物園前の駅を降りたところでテンションあがってしまって写真を撮る。
動物園のポスター?

 

ビリケンさん。



そして、通天閣!!



そして、会場!!



ノボリがでとる。
でもって、ホントに通天閣の地下なのねw、こんなとこがあったの知らなかったー。

あ、この日の整理番号はまさかの9番。
もちろん整理番号通りに入場、ヘンタイポジションをしっかりゲット。
っていうかとりあえずイスの上に荷物置いて振り返ったらマイクスタンドがあったー、キモイよ、オレw。
そんなこんなで、アワアワしながら開演を待ちました。

ブザーが鳴って、劇場らしく開演。
出囃子にのってメンバーが登場します。
この日は圭介さんもボタンダウンのシャツ。
前さんが濃い目のタンガリーのシャツを着てて、カッコよかったよー。

まずは圭介さんが、
「日付変わっちゃってすいませんでした。
ま、ここにいる人はどうにかなったってことだろうけど、来れなかった人には謝っといてください」
「最終日なので思いっきりやろうと思います。
ホントはね、お酒とか飲みながら観て欲しいんだけど。
決して素面では観てもらいたくなかったけど、アルコール売ってないんだよね、この中では」
そんなことを言って、「フラカンいざ行かん」でライヴスタート。
ワォ、これが聴けるとは思ってなかった!!
いきなりテンションあがる!!

歌詞はこんな感じだったかなぁ。
「ギターの竹安、お酒が大好き。
いつでも呑んでる、ホテルのロビーでは寝癖がひどいぜ」
「リーダーのグレート、ベースも弾けるぜ、ステップも踏めるぜ、時々ジャマだぜ」
「ドラムのミスター、コロッケ大好き、メンチカツ大好き、唐揚げ大好き、骨折大好き」
あと、自分のコトは、
「ボーカルのオトコは、最近やせた、オトナの色気で女もメロメロ」
みたいに歌ってて、あとで前さんから突っ込まれてたw。

「今池の女」の入りがやっぱりジャージーでカッコよかった。
この日はがんばってセリフ言おうとしてました。
だってマイクの前で息吸ったもん、確かに。
でも、言えなくて、
「このあたりも変わっちゃったわね、どう思う?グレコデラックス??」
って謎のおねぇコトバで前さんに無茶振り。
「えぇ??」
ってそりゃ聞きかえすわなぁw。
「ケンイチマングローブはどう思う??」
って続いて竹安さんに振るも、どうしていいかわかんない顔のケンイチマングローブに見事にシカトされ、
「サワホマレはどう思う」
ってミスコニに振って、
「特に何も言うことはないわ」
って。
そりゃそうだ。

この日もミスコニのモヒカンのコトをいじってまして。
「髪型が本田圭祐で顔が沢穂希
すごいよね、トップアスリートそろえたよね」
「ひとりツートップです!!」
って謎の返しをしたミスコニに吹きました。

あと、何の話しとったかなぁ。
公衆トイレの話とかしてたか。
通天閣の下にある公衆トイレに圭介さんが行った時のコト。
同時に入ってきたおっちゃんと同じ便器を譲り合う感じになっちゃって。
結果圭介さんがその便器を譲ってもらって、おっちゃんは個室へ。
そしてその個室のドア全開の状態で用を足したとかw。

暗闇坂むささび変化」の中で、「ももんが~、ももんが~」って前さんがコーラスするところがあるんだけど、
「モモンガがいたころの麻布十番って…」
って話になって。
そこから前さんのおうちの近くにハクビシンが出たって話になって。
去年はクワガタも出たらしい。
そしたら圭介さんが、
「木と間違えたのかな?
クワガタって売れるんだよ。
新しいベースが欲しくなったらはちみつ塗って立ってたらいいんだよ」
ってゆうてましたが。
…ハチミツではクワガタとれないよ、ちゃんとクヌギの樹液塗らなきゃあw。
やっぱり都会っ子やねwww。

「JUMP」をやる前に、
「親しまれやすい男にはならない」
とか言ってた圭介さん。
「これからは悪いこともするぞ。
こわいぞ、中年が悪いことしだしたら。
中学時には1コも悪いことしたことないオレみたいなのが、悪いことしだしたらすごいよ、万引きとかしちゃうよ」
みたいな意味不明なアピールから、「JUMP」!!
やっぱこの曲かっこええ!!
かっこええのに、この曲の終了後、まさかの
「トーイレターイム!!」
で、めっちゃカッコよく颯爽とトイレに消えた圭介さん、コレめっちゃツボに入りました。
そして、圭介さんトイレタイム中の前さんと竹安さんの話題が、
「いかに鈴木くんがいい人か」
っていうw。

そこからなぜか
「永ちゃんはライヴ中にトイレなんて行かんよな」
って話になって。
当り前だよww。
で、永ちゃんはすごいって話になって。
「カラダも衰えてないし、声もすごいし、日本が誇るスーパースターだ」
40周年のライヴにBirthday出るって話から、Qちゃん、永ちゃんと握手とかするのかなぁ、うらやましい、みたいな話になって。
「ま、永ちゃんの前座でBirthday出てもいいけど、俺たち出たらあかんよな」
そこから、永ちゃんのライヴに出たとしたら、っていう妄想wトーク。
あえて深夜高速とかはやらないで、「ブランニューエアコン」とか「さっぱり行進曲」をやるんだってww。
…うぅ、観てみたい、生きてる限り可能性はあるって言ってたけど、その選曲では無理だと思うよww。

この日の「JUMP」を観て、聴いて、ミスコニの器用さを改めて再確認。
片手でマラカス2本鳴らして、もう一方の手でカホンを鳴らす。
途中でマラカスを持ちかえて、空いた手でボンゴ。
で、マラカス持ってるてでシンバルをたたく。
しかもコーラスもこなす、すげぇ!!

この日のアニソンコーナーでは、1番は
ドロンジョ
「トンズラ」
ボヤッキー
続いて2番を、
「グレート」
「ミスター」
「ターケーヤス」
って。
この「ターケーヤス」の最後で本人もツボに入ってしまったらしくw、半笑いに。
それでも、この日のボヤッキーはかなりイタについていたらしい。
たしかに、金沢で初めて聴いた
「ぼぉやぁっきぃぃぃ」
は泣きそうな感じだったw。
ま、さすがは大阪、この曲でもばっちり盛り上がりまして。
で、この曲の終わりっぱな。
「スズキー、やってよかったなぁ!!」
って前さん。
正直、岡山ではココロが折れそうになったんだってw。
どんな空気だったんだろう??
でも、前さんが、
「来年からはカバー曲減らそうかと思った」
って言ったくらいやったから相当なもんだったと思われww。
圭介さんも、
「フォー爆やって良かったなぁ、って思う」
って言ってました。

やっぱりオトダマの話は出まして。
「まずは1日目」
って言ってたってコトは2日目もなんかやるよね??
「ジャンピングカンパイブース」を提案しとけばよかった!!だってw。
ミスコニとジャンピングカンパイして記念写真を撮れるコーナー。
見事骨折した人には松葉杖が贈呈されるとかww。
ま、名古屋でもワタシと友達に、
「オトダマは2日とも?」
って聞いてくれた前さん。
「もちろんです」
って答えたワタシたちに、
「よっしゃっっっ!!」
って。
「…っていうことは2日ともいはるっていうコトですよね??」
って聞いたワタシに、
「よっっしゃっっっ!!!」
って言ってくれたくらいだから、想像はしておりましたが。
何だっけ、シチューロックオーガニゼーション、要チェックです♪
どうでもいいけど、
Stew Rock Organization
…英語で書くとムダにカッコよくて吹きました。

本編終盤の「君のこと」と「発熱の男」にこの日も涙腺がやられそうに。
特に「発熱の男」はこれで都合3回目だけど、まだダメだ。
この曲が終盤にかけてジワリジワリと盛り上がってくるのに比例して、ダメになる。
でも、こんなダメならそれでもいい、そう思っているのです。

それから「狂ったバナナ」!!
1度ライヴで聴きたいってずっと思ってたこの曲がまさかフォー爆で聴けるとは!!
そしてそして、途中で客席に
「バッナーナ♪」
の強要ww、ひでぇな。
そこからチェスト、アイムオールライトで本編は締め。
アイムオールライトでは前さんも立ち上がりまして。
無理やりラインダンス踊ってたね、ステキだ。

続いてアンコール。
ステージに出てきてそのままトイレに駆け込む圭介さんw。
で、圭介さん以外のメンバーは全員ビールを持ってる。
そして、圭介さんにノンアルコールビールが渡されて、みんなでカンパイw。
ミスコニにジャンピングカンパイを強要するも、
「いやだよ、オトダマの前に骨折したら」
って返したミスコニに受けましたw。
岡山ではアンコールの時にビールを飲んだらしい圭介さん。
アニソンコーナーにて、相当ココロが折れてたらしく。
でも、今日はそんなんじゃあなく、酔いたい!!
ってゆうてました。
その後で、
「…アルコール入ってないの??コレ」
だってw。
そして、
「そんな酒が大好きなフラカンがお送りします」
みたいな前置きから、「酒と女とバクチと自由」。
ものすごいスローペースではじまってちょっとヒヤヒヤしたけど、前さんとミスコニが顔を見合わせて苦笑いしながら建て直す。
この時の前さんの笑顔がいい笑顔でして←ヘンタイ。
そして、TUBEの「あぁ夏休み」。
これも都合3回目ですが、圭介さんのものマネ度合いがどんどん増していっとるって思うのはワタシだけでしょうか??
そしてそして、サビの部分、前さんとミスコニの
「パラパラパラパラパラパラパラッッ」
にバカ受けしてしまいましたです、はい。
最後、これも客席に強要してたよね、ムリだよ、これはw。
そして、1回目のアンコールの締めは、
フラカンの曲で一番TUBE色の強い曲」
だという、「ラララで続け」。

この日はダブルアンコールも予定調和だったみたいw。
そりゃそうだ、大阪でダブルアンコールやらないなんてありえません。
この日も3時間越えのライヴは「いいことありそう」からの「フラカンいざ行かん」で締めとなりました。

夜の会場と通天閣

 

ゴハンを食べたお店の、「ミスコニにそっくりな」ビリケンさん。



ライヴ終了後はお友達と軽く打ち上げて、終電で帰宅。
まだ火曜日なのにねww。

この会場をとても気に入ってくれたらしいフラカン
特に前さんは、
「ここでクリスマス会とかやりたい」
とか言ってました。
お楽しみ会のニオイがぷんぷんするからフルーツバスケットとかやりたいって。
普段は竹安さんと圭介さんがトイレが若干近いので、楽屋にトイレがない会場は敬遠するんだけど、ここは例外だって言ってくれてとてもうれしかった。
次回からのフォー爆の会場はここはマストになりそうだって。
ってコトは、来年もここでフォー爆が観れる可能性があるんだ、よっしゃ!!

10月にニューアルバムが出るフラカン
今回聴いた新曲がバンドセットでどんな風に化けるのか、今からとてもとても楽しみです。

さて、次回。
ニッサンスタジアムでの永ちゃん!!
マニヨン!!Birthday!!怒髪天!!
いよいよ今週末です、楽しみです。

*****************************************
20120821フラワーカンパニーズ@大阪新世界通天閣劇場セットリスト

フラカンいざ行かん
LOVE ME DO
変わらないもの
大人の子守唄
今池の女
40
旅待ち

暗闇坂むささび変化(はっぴぃえんど)

JUMP

天才ドロンボー

君といつまでも(加山雄三)/(竹安さんメインボーカル)

君のこと
発熱の男
夕焼け

SUMMER TOUR(RCサクセション)/RC枠

狂ったバナナ
チェスト
アイムオールライト

(アンコール)
酒と女とバクチと自由
あぁ夏休み(TUBE)/ウルトラソウル枠
ラララで続け

(アンコール)
いいことありそう
フラカンいざ行かん