読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

OTODAMA'11-'12~音泉魂~@泉大津フェニックス、1日目

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE! 

ワタシにとってこの夏のハイライト。
1年に1度の大事な大事なお祭り。





というわけで、2012年9月8日、土曜日。
昨年は台風で中止になってしまったOTODAMA、行ってまいりました。
そのときはえもいわれぬ喪失感で腑抜けのようなっておりましたが。
終わってからもうすぐ3週間がたとうとしてるんですが。
今年は、なんていうか楽しすぎて腑抜けのようになってしまって、今に至っています。

大好きな音楽のありがたさを感じて、音を感じることの楽しさも感じて。
たくさん笑って、ちょっとだけ泣いて、それからちょっとだけ考えて。
そんな2日間、初日の記録です。

まずは前日の金曜日。

そのまた前日の木曜日、米子でフラカン×スクービーを観て、夜行バスで神戸まで帰ってきて。
朝4時に三ノ宮に放り出されて。
お店もどっこも開いてないので、マクドナルドで始発まで時間をつぶして。
ちなみに朝マックって5時からなんです。
4時はまだ夜のメニューww。
ハッシュドポテト、食べたかったなぁw。

始発電車の中でも文字通り泥のように眠りまして、京都へ。
京都タワーの地下にあるお風呂に入って、出勤←おかしい。
きっちり定時まで仕事をして、帰宅←これ、普通。
そこから荷造りをして←ちょっとおかしくなってきた。
電車に乗って今朝バイバイしたばっかりの西宮の友達のおうちへ←かなりおかしい。
しかも今年のOTODAMAは雨予報(それも前日の時点では降水確率90%とかだった)だったので、パッカブルの長靴にゴアテックスも荷物に詰め込んで、かなりの大荷物w。
その荷物を抱えて友達の家に到着(迎えに来てくれてありがとう)、「ただいま」って言う←おかしいの極まった。

翌日は朝8時半くらいに出発、友達の運転で泉大津を目指します。
駐車場にはさくさく入れたものの、駐車場を出る(荷物チェックなどなど)のに時間がかかってしまった2年前の記憶が脳裏をよぎるも、非常にスムーズに駐車&荷物チェックを受けることができまして。
ワタシはいったん友達たちと別れてリストバンドの交換へ。
今回のOTODAMA、2日間の開催ということで、リストバンド制?(っていうの)になってまして。
このフェスでリストバンド、初めてだよね???
中でも出演者がRGしか決まってない時点でチケットを買った、「RGが大好きな」人たちは、「RG先行」なる紫色のリストバンドw。
しかもチケットと一緒にリストバンドが届いてて、リストバンドに整理番号が刻印されているという。
お友達はみんなこの「RG先行」でチケットを買ってたんですが、ワタシは波に乗り遅れてしまい、フツーに2日券を買っておりまして。
そのチケットをリストバンドに交換(これも非常にスムーズにできました)、そのままオフィシャルの物販へ。

 

職場へのお土産におせんべいを購入。
物販でおせんべい売ってるフェスって、ここくらいだよね、こういうの大好き。

買いたかったグッズもすべて買えて、引き続き入場待ちの列に並びます。
・・・それにしても蒸し暑い。
たってるだけで汗が滲み出します。
そして入場。

まずは、
「RGがだいだいだいだいだい好きな1組の皆さんから入場していただきます」
↑何たる辱めwww。
で、RGが大好きなお友達たちが入場していきます。
続いてワタシのいる組も入場、お友達が取っておいてくれたシートエリアへ。
2日間本当にありがとうございました。



ちょっと一息ついたところで、後方のセッチューテントから、
「おーれーお前すきー」
が聴こえてきた気がして、テントに走る。
まさかOTODAMA開始早々からこんなに走ることになろうとはww!!
テントではやっぱりの、
「2日目まで待てない男たち#1」=セックスマシーン
がライヴを行っておりまして。
出遅れたものの、モーリーと一緒にシンガロック。
モーリー、ステージを降りて物販に並んでる人たちにむかって歌ってたw。
あと、衝撃の発言。
「馬鹿みたいでしょ、でもこう見えてぼく、勉強できるんです!!」
知ってるよ、今年はちゃんと受験できたらいいねw。
それから、サルでもわかるラブソング、昨日のつづきでセクマシ終了。
モーリー、ほとんどステージにいなかった気がします。
でも、明日は観れないから、この日に観れて良かった。
しかもワタシが大好きな曲ばっかりだったからホントに楽しかった!!

続いてそのまま前進して、四星球基準でU太い君がわの最前列で、
「2日目まで待てない男たち#2」=人生補欠
鹿児島のバンドなんだって。
確かに薩摩的なお顔でした、ボーカルさん。
とても力強くて、アグレッシブで、ええバンドやなぁって思いました。
不思議君だったのがギターの方。
アンガールズの人みたいな感じでして、始まる前から笠をかぶってまして。
それだけでも不思議なのに、なんとライヴ中ステージにお母さんを上げたっていう。
しかもお母さん、山口県からわざわざ来てくれたんだって。
しかもしかも、最近体調崩してるお母さんに「ミツコ」(だったかな?)コールを強要ww。
わけがわかんないまま巻き込まれた感がありましたが、楽しくて、なんだかふんわりした気分になりましたw。

続いてそのままの位置で、
「風呂そうじまで待てない男たち」=四星球!!
最前列で四星球、久しぶり!!
リハーサル前、雨も降ってないのに(っていうかテントなのに)、モニタースピーカーにゴミ袋がかぶせられて、???ってなりました。
これ、後で(っていうか最後の最後に)カラクリ??がわかるんだけど、ま、おいといて。
サウンドチェックで「ボールはまだ生きている」、これ久しぶりに聴いた気がするよ。
それから、
「もうちょっと時間あるんですかね、じゃあ、短いやつで」
って、「Teen」!!
わお、リハでやっちゃっていいの??
そしてそのままやすお君以外は生着替え(というより生脱ぎ)。
最前にいたうちらが、
「ヒューーーーッッ♪」
ってはやし立てたら(←死語w)、U太くんが、
「え、オレ?あっち(モリス)??」
ってなったから、
「こっち!!(U太くん)」
って言っといたw。

そして本編のスタート。
「晴れてるオトダマでこの曲をやりたかったんです」
的な、いきなり涙腺を刺激するやすお君の言葉から「晴れ男」でスタート!
でも、涙腺開いたのはここまで。
この後いきなり、
「あ~ぜくらっっ」
から、
「明日やろうと思ってたけど、我慢できません!!」
って「潮騒ぎ」!!!
一気にものすごい押しがきて、涙腺の代わりに汗腺が全開になりましたw。
最後は、
「オトダマといえば熱湯コマーシャルやろう」
・・・そうだね、圭介さんの代わりに熱湯浸かってたもんねw。
で、出てきたのはなぜか洗面器、と水中メガネ。
顔をつけていられた時間だけオモローネバーノウズのPRができるという趣向?でして。
洗面器に顔をつけたやすお君が、復活したときの顔に噴きました。
だって、墨汁だったんだもんw。
その後も頭から墨汁たらしながら、歯の隙間から墨汁ふき出しながらやすお君が歌う。
いや、わかってたけど、あまりのひどさに腹筋がつりそうになりました。
それにしても。
サポートしてたスタッフの男の子、ハイロウズマスタングのTシャツ着てたんだけど。
ピンクに馬の顔が一面にどどんと印刷されてるやつね。
そのTシャツに墨汁が飛び散って悲しいことになってました。
あの墨汁、取れないよね??
それから飛んできたお友達をキャッチすること1度、まさやんのケースを支えること1度。
飛び出そうとするやすお君のでかさにビビること数度。
あぁ、楽しかった!!

四星球終了後へろへろになりながら物販へ。
というのも、オトダマ限定、フラカン×スクービーのTシャツを手に入れたかったから。
誰から「物販始まってるよ」の情報もらったんだっけ、忘れちゃった、でもアリガトウ!!
スクービーバージョンが欲しいお友達といったん別れて、フラカンの物販へ。
物販には案の定前さんとミスコニがいらっしゃいまして。
前さんの相変わらずの、
「おっっ」
に萌える←ヘンタイ。
「限定Tシャツください」
「はいよ」
「紺色どんな色か見せてもらっていいですか?」
「あぁ、XSサイズはもうピンクしかないんだよ、それもコレが最後の1枚」
・・・サイズを把握しないでください←オレ、おかしい。
と、そんなこんなで、ピンクの限定Tシャツをゲット。



かわいいなぁ、コレ、ホントにかわいい。
友達はスクービーバージョンを買いに行ったんですが、なんと瞬殺で売り切れだったそうで・・・。
おそろいのフラカンヴァージョンを購入、前にも後ろにも前さんのサインをもらってましたw。

そんなこんなでいったん基地に戻って休憩。
シートの上でレキシを。
今回も持ち時間35分で3曲しかやらなかったらしい。
でも、しっかり稲穂ダンスに参加。
たかゆかしーき、ねずみがえーし
も堂に入ったものでございます。

続いては真心ブラザーズに心を残したまま露天風呂へ。
スクービーの登場を待ちます。
露天風呂にいても、「どかーん」やら「そらに舞い上がれ」やらが聴こえてくる。
あぁ、ヨーチの声ってホントに野外で聞いたら気持ちいいなぁ・・・。

さて、スクービー。
サウンドチェックはいつもの「RIDE ON TIME」。
アラバキのときもそうだったけど、野外でコヤマシュウの歌声で聴くこの曲は格別です。
そして、夏といえばこの曲、「太陽と女の子」でスクービースタート!!
この曲のイントロ入った瞬間にきゃあああゆうてまいました。
そして続いては怒髪天のカバーの「労働CALLING」!!
はい、友達と一緒に、ぎゃぁぁぁゆうてまいましたw。
この曲の間奏のトコ、ナガイケとコヤマがかわいくてもうぅぅぅ。
コヤマがナガイケによってったらおんなじだけナガイケが後ろに下がるの。
で、ナガイケがコヤマによってったらおんなじだけコヤマが後ろに下がるの。
いやぁぁぁぁ、あの絶妙なつかず離れず感、今思い出しただけでよだれが出ます。!!←ヘンタイ。

スクービーのときはホントに快晴っていうより直射日光が痛いくらいのお天気で。
「2年ぶりじゃあなくて、2年分やります」
って言ってたコヤマが印象的でした。
あと、
「俺たちがやるときは、こーいう天気なんだ」
って。
じゃあ「俺たち」じゃあなくてフラカンがやるときはどーなるのwww??
あと、「この時間帯にスーツバンドを持ってくるところに清水音泉の愛を感じます」とかゆうてたかな。

おんなも良かった、ロックンロールは未定も良かった。
そしてバクオン。
その場で回ったけど、周りの人から「え???」みたいな感じで見られたんで敢えて前進w。
最終的にはナガイケの前、2列目くらいまで前進、われながら恐ろしいw。
いやぁ、オトダマでのナガイケは楽しそうだったなぁ、このヒトこんなに笑えるんだって思うもん。
そんなこんなで文字通りのもみくちゃになってバクオン終了。
たいていのフェスなら、このあと、、
「Thank you、アリガトウ、Scoobie Doでした!!
最後に俺たちのデビュー曲聴いてください」
で、「夕焼けのメロディ」で締めになるんだけど、この日は違ってて。
あぁ、後でやるんだな、って確信に近い妄想をいたしまして。
結果、妄想的中!!

さて、スクービー終了後、毎年恒例のマンゴーカキ氷を買って陣地に戻って一休み。
マンゴーカキ氷に並んでたのがお知り合いばっかりでちょっとビビリました。



なに、スクービー終わったらカキ氷買って休憩するのがお決まりコースだったのかしら。

そうこうしてるうちにカエラちゃんがはじまりまして。
ふわっふわのドレス?!!
めっちゃかわえぇぇぇ!!!
後で、友人たちと「カエラちゃんは妖精だ」という結論に至りましたw。
バタフライがホントによかったー。

カエラちゃん終了後(だったと思う)、雨が降ってきまして。
あわててゴアテックスを装着したんですが、大事には至らず、しばらくすると虹が出てきました。
渡れるタイプの虹!!すげぇ♪



それでも雨は降ってたんですが、星野源くんの登場と同時に雨が上がりまして。
ホントだよ、だってジャケットのフードをたたいてた雨音がしなくなったんだもん。
このヒト、絶対なんか持ってるよwww。

で、源くんの「営業マンの歌」(タイトル知らないんだ、ごめん)を聴きながら再び露天風呂のトモフへ。
まだちょっと時間があったのでスクービーの物販を覗きに行きますと、コヤマ以外のメンバーはいたものの、ヒトが多かったので並ぶの断念、再び露天風呂へ。
ステージではすでにトモフがぱたぱたしてましたw。
かわええっっっ。
この日はバンドトモフ。
はるさんのことをなんかえらいもったいぶって紹介してましたな。
あと、麦わら帽子がかわいかった!!
去年の長田の時と同様、めいっぱい投げた後で、
「返してねっっ」
って走り回ってる姿に萌えました。
この時間帯、雨は降ってなかったんですが、ステージから見て右側に結構な黒い雲が。
「あの黒い雲を見ろ!あれがフラカン雲だ!!
フラカンが始まるころにあの雲が上空に来るぞ!」
的な事を言ってまして。
そういえばコヤマも、
「俺たちのときはピーカンだと相場が決まってる。
フラカンが始まるころには降り出す」
みたいな事をゆうてた気が。
・・・みんな、不吉なこと言わんといてww。
で、スポンジマンのときに、
「みんなであのフラカン雲を吸い取るんだ!!!」
とか。
だもんで、一生懸命
「しゅぅぅぅぅぅぅっっっ!!!」
ってやったよ、バッチリだったよ??
みんなでやったからちゃんと吸い取れたのかな、フラカンのときには雨は降りませんでしたw。

トモフ終了後は、いったん陣地に戻って、そのまますぐにリングへ。
四星球の「FM4☆○(よんほしまる)」を楽しみました。
もうね、記憶があいまいなんだけど、イスの背もたれに座ってるまさやんがかわいかったw。
そして、
スペシャルゲストの登場です!!」
で登場したのが何とコヤマとナガイケ。
思わぬところでぎゃぁぁぁぁゆうてまいまして、あぁビックリした。
オモローネバーノウズのイントロの曲紹介で普段は競ってるwらしいこの番組。
今回は絵心対決を行いまして。
でも、ちょっと暗くなりかけてて、絵の対決とかしづらい感じなんですけど…、ええわぁ、このムリヤリ感!!
そして、お題をお客さんから募集する。
増子さんって言ったお客さんと、あと何だっけ…
忘れたけど、調子に乗ってワタシも発言。
「清水温泉の清水さんで!!」
そしたらやすおくんから、
「それ、知らん人のほうが多いでしょう!!」
と嬉しすぎるツッコミ。
口に出す直前まで「グレートマエカワ」とどっちにしようか悩んでたんですがw、お友達の勧めに従ってこっちを選んでよかったぁ。
お客さん3人から募集するも結局お題は「ドラえもん」になりまして。
意味わかんねぇ、おもしろい!!!
スクービーチーム?はもちろんナガイケ画伯が。
はっきり覚えてないんだけど、かわいかったなぁ、ナガイケの描くドラえもん
で、罰ゲームではセッチューの千葉さんが登場、そしてまたも四星球のメンバーが全員ケツバットを食らう羽目にw。
その前にまさやんが文字通りふっ飛ばされてて大笑いしましたw。
そんなこんなで「FM4☆○(よんほしまる)」も終了。
引き続いて露天風呂でのフラカンです。

前の方で観る気はさらさらなかったので後方で待機。
時間が中途半端に余ってたので、トモフの物販を覗きに行きまして。
そしたら、おねいさんが物販を仕切ってる割に人がいっぱい。
あれ??って思いながら並んでますと、足元にトモフがしゃがんでてビビりました。
思わず
「うわぁぁぁっっっ」
って言ってしまいまして。
その時ににやりと笑ったトモフの笑顔のしてやったりなこと、そして可愛かったことw。
なんか結構イロイロしゃべってもらったけど、内容忘れたw。
でも、トモフがホントに楽しそうで、こっちまで楽しくなりました。

そしてフラカン
いきなりの深夜高速、からのはぐれ者賛歌。
あぁビックリした。
それにしてもヒト多かったなぁ、全然ステージ観えんかったもんなぁ。
それでも一生懸命前さんを観てたけど。
ヒトの多さに圭介さんも前さんもホントに嬉しそうだった。
何かで歌詞飛ばしたよね、確かww。
視覚とセットで情報をインプットするもので、あんまり覚えておりません、はい。
あ、でも、ロックンロールがなんだかすっごくよかった、それはハッキリ覚えておりますの。
あと、盆踊りのときにいろんなヒトが出てきたのも覚えてますの。
しんちゃんに、トモフにワタナベイビーに・・・。
でも、ワタシのいたところからはあんまり見えず。
そうそう、ヨーチもいたんだよね。
あとで、この日はヨーチ祭りだったなぁって思いまして。
だって、「FM4☆○」にも出たんだよね、で、まさやんのアコギで「どかーん」歌ったって、ワタシ観てないけど。
YO-KINGが自分のステージ以外に出てくるフェスってそうそうないですよね、ホントにオトダマってありがたい。

それからトモフとベイビーに騎馬戦みたいにして持ち上げられてまして。
圭介さんがホントにビビッてて受けました。
かなりフラフラフラフラしてたもんね、それにきっと酔っ払ってるだろうしw。
でもって2人ともガリガリコンビだもんね。

フラカン終了後、ダッシュでシートに戻りまして。
この日の大浴場のトリは怒髪天
たまたまお隣に陣地を作っていたお友達たちと4人でシートの上で大騒ぎw。
冷静になって考えたら、ちょっと周りの視線が痛いくらいの大騒ぎ。
…いいんだ、すっげぇ楽しかったから。
サスパズレからいきなりのBe My Wife!
2年前のお面かぶって現れた衝撃がよみがえるw。
しかも途中でヒダカさん登場ww!!
そして続いての酒爆、ひっさびさにきいてテンションマックスに。
4人で「ほれグッとイケ!!!」、コンプリートw。
そして中盤で予想という名の妄想の通り、スクービーが登場!
あ、その前に池ちゃんが登場しての「真夏のキリギリス」と「恋のレキシカン・ロック」があった!
キリギリス久しぶりに聴いたよ、やっぱこの曲も大好き!
そして、何より何より池ちゃんかわいいわぁぁw。
そしてスクービーの面々はもちろん正装で登場!
怒髪天とセッションでの「夕焼けのメロディー」、時間的には夕焼けの時間じゃあなかったけど、ホントにカッコよかった。
それから「め組のひと」。
ばっちり一緒に踊りましたって。
コヤマの手袋に萌えた、それから踊ってるコヤマがカッコよすぎて、おんなじ振付のはずなのに踊ってる増子さんがかわいすぎてキュンキュンしました。
それにしても。
スクービーで言うならリーダー側(怒髪天で言うなら王子側)にあったこの日の陣地。
スクービーが登場した瞬間に、その陣地(お友達の分も含め)の一番ナガイケサイドにつつつつっと移動した自分がキモイw。
そして締めは残ってた出演者全員が出てきてのサスパズレ。
ちゃんと?5回くらいはやりまして。
ワタシのいた位置からはよく見えなかったんだけど、民生さんもサスパズレやったらしいw。
民生さんと言えば、ステージ裏にミスコニと増子さんがそろってるとこに出くわして、
「おっ、被害者と加害者」
って言ったらしい、絶妙!!

最後は清水さんが挨拶をしての、花火が上がってのまるでこの日が2日目かのようなフィナーレw。
いやいや、明日もありますがな。

・・・とは言ったものの、私と友達には明日より今日のこれからがございまして。
シートの上にまとめてあった荷物を引っつかんで露天風呂に走ります。
そう、この日のホントの締めはひっさびさのキング!!!
今度はYO-KINGじゃあないよ、狂犬のほうだよw。
ホントに久しぶりに見れたキンブラ
去年の鈴魂ぶりじゃあないかなぁ。
やっぱりカッコイイよ、ゴリゴリしてるよ。
いきなり「マッハクラブ」でスタートとか、カッコよすぎて吐きそうw。
さぁ、ロックンロールよ、飛び出しておいでww。
なぁんて思ってますと。
ステージそでに引っ込んだマーヤがキンブラののぼりを持って再登場。
そのままステージを降りたマーヤ、のぼりを持って走り回る。
っていうかワタシのいたところからはものごっそいスピードで動くのぼりしか見えなかったんですけどねw。
そして引き続いてまさかのゴムボート登場w。
そのゴムボートに乗ったマーヤ、
「あの後ろの入り口まで運ばれたいんや」
みたいな事を言いまして、結構なスピードで後方に運ばれて行っておりました。
なんていうの、一寸法師みたいで受けました。
そして、アラバキのときにトラにまたがって運ばれてた撃鉄のジョージを思い出したw。
それから何より何より、マーヤが派手に動いてる間、地味にステージサイドのてっぺん?に登ってたケイゾウさんのシルエットのカッコよかったこと!!
この、ケイゾウさんのシルエットがカッコよすぎる件、この後も継続しますw。

そういえば友達たちが撤収を終えて露天風呂にやってきたとき。
「もうステージには何も残ってなかったよ」
っていう状態だったらしい、素敵すぎるw。
その、「ステージ上に何も残ってない」状態。
ワタシのすぐ近くにメンバーが集結。
このとき、ステージの方から照明が当たってた関係で、見事にケイゾウさんとシンノスケさんに後光が差しておりまして。
はい、引き続きの、シルエット、超カッコイイ。
一方、マーヤはと言いますと。
「オレのことはマーヤさんって呼ばなくていい。
俺たちのことはキングブラザーズさんって呼ばなくていい。」
・・・わけわかりませんw。
そこから、
「オレを時計回りにぐるぐる回してくれ」
ってこれまたわけのわかんないリクエスト、そしてそれに応えるオーディエンスw。
あ、それからそれから、マーヤの
「カモーン♪」
が文字通り炸裂しておりましてw、ものごっそいカッコよかった。

そんな熱狂ともうどうしていいのかわかんない位の盛り上がりの中、初日が終了。
お友達のおうちに帰って、2日目へ。

・・・長いけど、以下、次号を待て♪

*************************************************
20120908OTODAMA'11-'12

◆風呂そうじまで待てない男たち(四星球)

(サウンドチェック)
ボールはまだ生きている
Teen

晴れ男
あぜくら商店街
潮騒ぎ
ごみ拾いマーチ
オモローネバーノウズ

Scoobie Do

(サウンドチェック)
RIDE ON TIME

太陽と女の子
労働CALLING
おんな
ロックンロールは未定
Back on
Little Sweet Lover

トモフスキー

歌う46歳

文句いわない
カンチガイの海
こころ動け
我に返るスキマを埋めろ
スポンジマン

フラワーカンパニーズ

深夜高速
はぐれ者讃歌
脳内百景
ロックンロール
チェスト
真冬の盆踊り

怒髪天(OTODAMA Special)

サスパズレ
嫁に来ないか(Be My Wife)(w/ヒダカトオルカトウタロウ
酒燃料爆進曲
ホトトギス
押忍讃歌
そのともしびをてがかりに
歩きつづけるかぎり

真夏のキリギリス(w/レキシ)
恋のレキシカン・ロック(w/レキシ)
夕焼けのメロディー(w/Scoobie Do
め組のひと(w/Scoobie Do

喰うために働いて..生きるために唱え!
オトナノススメ
サスパズレ

KING BROTHERS

マッハクラブ
BIG BOSS
XXXXX

魂を売り飛ばせ!!
ルル