読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

フラワーカンパニーズインストアイベント@タワーレコード梅田NU茶屋町店

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE! 

前回、約2年前に引き続き、今回も笑い過ぎて腹筋がつりました。
そしてほっぺがやや筋肉痛です。



という訳で、2012年10月26日、金曜日。
タワレコ梅田NU茶屋町店でのフラカンのインストアイベントに参加してまいりました。
もはや恒例?となりつつある、インストアイベント。

アルバムについての話も聞けて、衝撃発言を聞くこともできてたくさん笑えてハッピーな気持ちになれました。

仕事は1時間早くあがらせてもらって、梅田を目指します。
集合時間の15分ほど前に会場に到着。
タワレコにはすでにかなりの人たちが集まってました。

 

そんな中、今回の整理番号はなんと一ケタ。
キョート在住のワタシのために、予約からフライングゲットまでの一連の流れをお友達が代行してくださいました。
本当にありがとうございました。

3店舗(だっけ)分でおんなじ整理番号で同時に入場する仕組みなので、入場したのは全体の30番目くらいだったのかな。3列目くらいの中央にスタンバイして開演を待ちます。

スタート時刻になって、まずは土居コマキさんが登場、続いて「とっとと」wフラカンのメンバーが入場します。
立ち位置は、ミスコニ、圭介さん、前さん、竹安さん。
前さんのドットのパーカーが可愛かったw。
立ち位置は3列目だったんですが、前の人たちの頭の位置のおかげ?でスコーンと視界が開けておりまして、期せずして前さんガン見ポジションw、恥ずかしすぎて直視できませんでして←ヘンタイ。

トークの内容については、覚えてるものを箇条書きにいたします。
たぶん順番も間違ってるww。

【オトダマの話】
セッチューでのパフォーマンスがすごかったって話から、テントでフラカンがやってた時間露天風呂ではtelephones。
telephonesの「ディスコ、ディスコ!」とフラカンの「ヨサホイ、ヨサホイ」が混ざってキモチワルイことになってたらしい(telephonesの事務所の方談)。
前さんがナガイケを紹介する(呼びこむとき)、
「もう一人忘れてるだろ!!ナガイケジョー!!」
って気合を入れてステージのそでの方を振り返ったら、目の前にワタナベイビーがいたww。
オトダマのカオスっぷりはすごいw。

【長期記憶と短期記憶】
「オトダマのコト覚えてます?」
ってコマキさんから聞かれた圭介さん、
「カンパイして骨折したのが2年前でしょ…」

【蛍光灯】
セッチューのテントの照明は蛍光灯っていう話から、昔回ったツアーで行った会場の照明が本当に蛍光灯だった。
当時のマネージャーさん(女の子)がリハの時に盛り上がる曲に合わせてつけたり消したりしてたけど、やめてもらった。
その日は楽屋もパーテーション隔てただけのとこにあって、ライヴ終わってから大声でしゃべってたら全部お客さんに筒抜けだった。

【2枚目なアルバムです】
コマキさんからジャケットを誉められた時の圭介さんのしてやったりな顔w。
前さんから、
「もっと堂々としてていんじゃあないの」
って言われて、
「そしたらオレが自分を推したみたいじゃん」

【お買い得】
できれば曲は短い方がいい。
前作とかはできるだけ1曲を3分くらいにしようとしてた。
フェスとかで持ち時間が30分あって、俺たちは6曲くらいやったとするでしょ。
曲が短いバンドとかみてると10曲くらいやってるから、お客さんはそっちの方が得かなぁっていう気になるでしょ?

ニートビーツはすごい】
ニートビーツと対バンしたら、おんなじ60分くらいやって俺たちは10曲くらいなのに彼らは20曲くらいやる。
俺たちもよくしゃべるけど、あいつらはもっとしゃべる。

【246のこと】
今回のアルバムの中で最初にできた曲。
震災の後、ずっと曲ができなくて(夏くらいまで)、この曲ができて、あぁ、いけるかもしれないってなった。

【そういうことじゃあなくって】
コマキさんから「エンドロール」に常田さんが参加した経緯を聞かれた圭介さん
「隣の中学でね、10年くらい前からの知り合いでね。
で、今回なかなか曲が形にならなくて、誰かに助けてもらおうと思って、お願いした」
って答えた圭介さんをさらにフォローする前さん。
「そういうことじゃあなくてね」
…いきなり否定ですかwww。
「10年前のコトはもちろんあるんだけど、ここ何年かフェスの楽屋とかで会うんだよ。
で、一緒に何かできたらいいですねって話はずっとしてて、ってとこまで言わないと話が通じないよ。」
…確かに。

【常田くんのイヌにならなってもいい】
常田さんのプロデュースはどうでしたか?って聞かれて、
「突っ込み方がいい。
書いてきた歌詞を読んで、
「圭介さん、すごいっすねぇ」
ってまず言うわけ。
1回鈴木くんを頂点まで持ち上げといて、すかさず、
「何か所か良いですか??」
って。」
それから、圭介さんが
「常田くんはいやな言い方をしない先生みたいだった。
子どものやる気を上手に引き出す先生だ。
これはイヌの育て方と一緒。
最初に誉めたら、イヌもこっちを受け入れてくれるわけですよ、そっから躾をするんです」
それを受けてコマキさんが、
「圭介さんは犬ですか?」
みたいな返しがあって、
「まぁ、でも、あいつの犬だったらいいかもしれない」
ってwww。

【抱きしめてください】
「ひとつだけ」の「抱きしめてください」って歌詞について。
竹安さんが、
「いっそのこと曲名にしたら良かった」w
で、圭介さん
「抱きしめるより抱きしめられる方がいいでしょ?
こっちが抱きしめたとしても、相手がどう思ってるかわかんないでしょ。
もしかしたら嫌がってるかもしれないでしょ。
あっちから来るっていうコトはオレが応えてやってるっていうね」

【脚、イタイ?背中、イタイ?】
話を振られるたびに脚とか背中をさすってた竹安さん。
前さんから「竹安、脚痛いの?」
って聞かれてましたw。

【コニシの帯】
今回のアルバムの帯のところがコニシのワンショット。
5枚集めたら何かと交換、っていう企画をしようかと思ってますw。

オレンジレンジ
最後の告知で、梅田クアトロでのイベントの告知をした前さん。
「11月13日にオレンジレンジとやります」
ここでなぜかステージ側もお客さん側も失笑気味ww。
「来る人、どれくらいいる?」
って言うときに手を挙げたら、その瞬間に前さんとバチンと目があってしまいまして。
うしろにいた友達に、
「何人くらい手、挙がってた??」
って聞いたら、
「30人は上がってなかったと思う。」
そのうちの少なくとも5人はワタシのお友達ですww。

アコースティックライヴは、ロックンロールと人生GOES ONの2曲。
ミスコニがパーカッション?、前さんが鈴。
鈴を圭介さんに渡して、サイズ的には似合ってるって言った前さん、圭介さんから
絵的には前さんの方が似合ってるってww。
明るくてやりづらいといいながらも、そして圭介さんが照れ照れでして、とても楽しいライヴでした。

コマキさんの、
「どうしようもない辛いこととか、みんな何かしら抱えてると思うけど、そういうところに寄り添ってくれる曲が今回すごく多いなぁって思った」
って言うコトバが印象に残ってます。
あと、前さんが言った、
「コトバが圧倒的に強い」
っていうこと。
本当にその通りだなぁって思いました。

終演後にみんなで行ったお店では、ジュースだと思って頼んだ飲み物がお酒でして。
500円くらいのカクテル?の5分の3くらいの辺りで早くもヘラヘラしてしまい。
300円分のお酒ででき上がれるwコトを証明、終電で帰宅となりました。

 

さて、次回。
日曜日、徳島でのフラカンに参加です。
もう今日なんだけどね。
何気に徳島ラーメンを食べるのを楽しみにしていますww。