読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

徳島、ぶらり旅

JUGEMテーマ:ぶらり旅

さて、徳島の記録の続きです。

ライヴ終了後、お友達と深夜1時までカラオケww。
その後ホテルに戻って、爆睡。

朝は早めに起きて、ホテルの向かいにあった銭湯で朝風呂。
ホテルの朝食をガッツリいただいて、チェックアウトぎりぎりまで休憩。
で、この日はバスの時間が15時と遅かったので、友達と徳島市内をブラブラしてまいりました。

まずは眉山
普通に登るとかなりハードだということだったので、ロープウェーに頼って、ぴゅっと登ってまいりました。
阿波おどり会館の5階にあるロープウェー乗り場から一気に頂上へ。





とてもいいお天気だったので、すっごくいい眺め。
もうちょっと霞がかかってなかったら、和歌山まで見渡せたかもしれません。

 

鳴門大橋も見えてたんだけど、やっぱり写真には写らないか。



あと、奈良の生駒山にもあるんですが、カップルが錠前を付ける場所がありましてw。
その上にあったのが、コレ。
あぁ、白鵬、奥様と来たのね、それにしてもダイナミック。



そうそう、レストハウス?みたいなトコのトイレマークがかわいかった。



 

海が見えるのと反対側は一気に山の雰囲気。
剣山とかがすごくきれいに見えてて、しかもちょっとだけ紅葉も進んでて、とてもキレイでした。

下山して、ロープウェー乗り場から降りるエレベーターに乗った時に、同乗してたおじさんが降りってった阿波おどりミュージアムのフロア。



扉が開いた瞬間があまりにも衝撃的だったもので、エレベーターを途中下車して思わず撮影ww。

下山後は徳島駅まで戻って、駅ビルの中にある喫茶店で徳島バーガーをいただきます。
阿波ポークと牛さんの合挽きバーガーをいただいたんですが、めちゃうまでした。

 

まずはバンズがかりっかり。
お肉のパテは肉々してて、肉汁もばっちり。
挟まってる目玉焼きの卵がめっちゃ濃厚。
付け合わせの鳴門金時の薄切りフライもちょっとしょっぱくて美味しかった。
いやぁ、これはまた食べたい。

その後、食後の運動を兼ねて徳島城跡へ。
よくわからないままiphoneの地図を見ながら歩いた結果、どうも裏っ側から登ったみたいです、ワタシたち。
いいお天気の真昼なのに、森の中の山道は「うっそう」という表現がまさにピッタリ。



 


そこを歩くこと約10分、着いた頂上には、何もありませんでした。
そりゃそうだ、お城は明治8年(だっけ)に取り壊されてるんだから。

 

結構登ってきたのに、原生林が邪魔をして、眼下の景色もあまり望めない。
ようやくポジション見つけて撮った徳島城跡からみた眉山がこれ。
後で知ったんですが、この原生林は天然記念物としてワザと残してるんだそうです、そりゃ切れんわww。
ちなみに標高は67メートルなんだそうです。

反対側から登って、中央公園側に下山する形でプチ登山も終了、公園側はやっぱりキレイに整えられてました。



公園入り口の陸橋から撮った徳島駅
Nゲージみたいで個人的に気にいっています。

その後は少し休憩してお友達と解散、バスで帰京と相成りました。

美味しい食べ物にも出会うこともできて、ライヴを楽しむこともできて。
ツキナミな表現ですが、ホントに楽しかった。
また来年、徳島でフラカンのライヴを観ることができますように。
今からそれを楽しみにしています。
次回は「いのたに」へも行くぞ!!