読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

引き返し編みに悩み、マジックループに悩む

遅々として進まなかった、パンドラハウスのソックヤーンを使った靴下、ようやく終盤に差し掛かってきました。
4B864D32-500E-409D-A0BA-D015315AF29C.jpg
実際はもう少し進んでまして、あとはつま先の減らし目だけです。
発色はいいんだけど、糸の太いところと細いところがけっこう両極端で、あとこれは素材の感覚なんでしょうけどするする編める感がなく、オパールと比べると編みやすい糸とはいいにくいです。
でも、発色はいい。
もう1玉あるので、別の靴下を編むかベレーを編んでもいいかも。
さて、今回は引き返し編みのかかととマジックループでの両足同時編みに初めて挑戦しました。
①の糸で作り目のあと②の糸で作り目。
作り目がくっついた編み地を裏返して、①の半分でコードを引き出して、①をぐるーっと輪に編む。
編み終わったところに②の編み始めの糸があるはずなので、②の半分のところでまたまたコードを引き出して②をぐるーっと編む。
編み終わったところが先ほど①をスタートさせたところのはずなので、このあとは①と②を交互に編む。
これでマジックループでの両足編みはOKのはず。
ということは、かかとは両足分同じ側に作るんじゃない、これもこれでOKのはず。
ここまではなんとかyoutubeとかに助けてもらって進めることができました。
ところがどっこい、最後に甲側と繋いで輪に編むところでハタと手が止まりまして。
それは、
編み進む引き返し編みの最後と甲側の1目めで2目1度をする
という部分。
マジックループの折り返しのところはコードを使って目を移動させて難なく?クリア。
次の段との継ぎ目のところで、コードに残る最後の1目との2目1度ができない。
とりあえず、最後の目を別の針に移して、次の段に移る際に2目1度して、またその目を休ませて戻す、という無理やり帳尻合わせた感満載の方法でなんとかクリアしたんですが…全然クリアじゃないよね、これ。
嶋田さんの本見てたら、引き返し編みの時に両サイド1目ずつ残してらっしゃるんですけど、そうすればこの問題、スマートにクリアできますかね。
引き返し編みの時の編み手の手加減とともに、次回の課題です。
靴下編みのバイブル的な、嶋田さんの本。
手編みのソックス [ 嶋田俊之 ]

手編みのソックス [ 嶋田俊之 ]
価格:1,512円(税込、送料込)

ランキングなど参加してみました。 クリックしていただけると喜びます。 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村