読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

SCOOBIE DO TOUR 「Funk-a-lismo! vol.10」@京都磔磔

磔磔へライブを見に行く。

それは私にとってはごく日常のシーンの一つ。

でも、そんな私にとっても磔磔は音楽の神様が住まう、特別なハコ。

この日、磔磔初体験だったお友達にとっては、この日見たスクービーはきっと特別なものになったに違いない。

そしてそれが誇らしい、決して私が偉いわけでも何でもないんだけど。

というわけで?、2016年3月5日、土曜日。

20160305
201611 scoobie do@京都磔磔
 やっぱり磔磔でみるライブは格別。
それはどんなバンドでも最高なんだけど、スクービーは本当に格別。
そして、これまで数限りなく?彼らを磔磔で観てきたけれど、今日のライブはその中でも3本の指に入る素晴らしさだったと思います。
「人の道を離れたFUNKY獣道を歩いている俺たちの後ろを、笑いながら、踊りながらついてきて欲しい」
そう言い切ったコヤマが最高にかっこよかった。
彼らの放つ音に誘われて、たくさん踊ってたくさん笑って、少しだけ泣いた、そんな本当にいい夜でした。
#scoobiedo #scoobie_do #スクービードゥー #スクービー #funky4 #plusonemore #funk_a_lismo

安定の磔磔にて、安定のソールドアウト。

この日のサムライ4人衆は本当にかっこよかった。

いろんなハコで観てきたけれど、私は磔磔で観る彼らが一番大好きで。

で、何回となく観てきた磔磔でのパフォーマンスの中でも個人的には3本の指に入るパフォーマンスだったと思います。

オープニングは予想通り?昨年、日比谷野音で初めて聴いて一耳ぼれした、LIVE CHAMP。

とてつもなくかっこいい歌詞で、とてつもなくかっこいい曲。

どうでもいいけど「人間じゃないぜバンドマン」っていうくだりが好きすぎて悶えそうになりますwww。

それからウッドベースを手に入れたナガイケ。

後方にいたのでベースのネックしか見えなかったけど、変な汁とか出そうになりますwww。

中盤、リーダーが歌う「FUNKY獣道」。

普段ナガイケしか観てないものでwww、初めてこんなにリーダーを見た気がします。

そしてそこからの「イキガイ」。

イントロのベースラインで泣ける、すさまじい名曲だと思います。

そして、

「人間の道はちょっと外れた、そこ行くか??ってとこを進む俺たちだけど。

その俺たちが進むFUNKY獣道の後ろを笑いながら、踊りながらついてきてほしい」

そういうコヤマがかっこよすぎて、泣きそうになった。

それから、本編最後に演奏された「また会いましょう」。

正直、CDで聴いたときはそんなにズシンと来なかった曲だったんですが、ライブで、しかも本編最後に演奏されたときに、曲の意味が分かったような気がして、ズキズキした。

このタイミング、正直言ってズルいwww。

そして、ダブルアンコールの最後に演奏された「バンドワゴン・ア・ゴーゴー」。

日比谷野音のオープニングナンバーだったこの曲で、あの日の美しかった光景と、いま自分が目の前にしている美しい光景が重なって、本格的に涙腺が崩壊しました。

ずっとずっとやろうな。

これはコヤマがライブのたびにフロアに語りかける言葉。

俺たちが君の前に現れるときは、遠慮なんてしなくていい。

君らしく踊ってほしい。

君らしく歌ってほしい。

いつだってロックンロールとスクービーは私の強い味方だ、そう思います。

ランキングなぞ参加しています。

ぽちっとして頂けると喜びます。

セットリスト、見たい方はこの下をどうぞ。

にほんブログ村

****************************

20160305 

scoobie do@京都磔磔 セットリスト

LIVE CHAMP

真夜中のダンスホール

MIGHTY SWING

PLUS ONE MORE

BUKI

Na Na Na Na Na

踊れ激しく

トラウマティック・ガール

Funk-a-lismo!

ロックンロールは未定

その輝きを抱きしめて

ファンキー獣道

イキガイ

It’s a New Day

AWAY

新しい夜明け

BACK ON

また会いましょう

(en1)

笑う女

伸ばしたその手だけ

(en2)

バンドワゴン・ア・ゴーゴー