読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

四星球5thフルアルバム「出世作」レコ発ツアー『出世街道2016』&フラワーカンパニーズ「去年はありがとう四星球!」@KYOTO MUSE

すいません、もう10日も前のことですの。

2016年4月20日、水曜日。

大好きなツーバンを観るために、くそ忙しい時期に無理やり半休をもぎ取ってキョートヘ。

20160420</p>
<p>201619 四星球×フラワーカンパニーズ@KYOTO MUSE</p>
<p>地元での今年初のフラカンは磔磔ではなくMUSEでした。</p>
<p>しかも、四星球との2バン、なんておいしい取り合わせ←個人的に。</p>
<p>去年、フラカンが武道館をやるにあたってとてもとてもお世話になったバンドの1つ、四星球。</p>
<p>なんたって某フェスでは風邪をひいて声の出ないフロントマンの代打で康雄くんに歌ってもらったってくらい笑。</p>
<p>そんな去年のお礼というイベントの趣旨?と四星球のレコ発なんだからフラカンが先にやるだろうという予想と、いや、それは四星球サイドがあかんていう(兄さんに先にやってもらう訳にはいきまへんっていう意味で)んちゃうん??っていう予想がわたしの界隈では入り乱れてましたが、おおかたの予想通り?四星球→フラカンでした。</p>
<p>でも、アンコールで康雄くんと一緒に深夜高速を歌って、最後はみんなで盆踊り。</p>
<p>お互いのバンド愛に満ちたいいイベントだったなぁ、と思います。</p>
<p>四星球ではもはやMDだが聴けて、フラカンでは涙より早く走れが聴けた、どちらも名曲すぎてガクブルします←おかしい。</p>
<p></p>
<p>それにしても…水曜日というド平日に、19時開演、終演22時過ぎ(それも限りなく22時半に近い)とか…かるーく殺意を感じる笑。</p>
<p>でも、それだけやってる方も楽しかったんだろうなーって思いました。</p>
<p>それはライブを観てるフロアにももちろん伝わって、そしてとんでもない熱量を産み出して、たくさんの笑顔が広がっていくんだと思います、だって、ものすごーーーく楽しかったもの。</p>
<p>どちらのバンドも初めて観た時と何ら変わらない、いい意味でブレないパフォーマンスを見せてくれた、そのことに感謝しています。</p>
<p>来年は四星球の15周年、その時には祭典をやろうよって前さんが言うてくれてました。</p>
<p>そしてその時はフラカンメンバーは紺のブリーフをはいてくれるとかくれないとか。</p>
<p>楽しみにしています笑。</p>
<p>フラカン</p>
<p>#四星球</p>
<p>#フラワーカンパニーズ</p>
<p>#flowercompanyz </p>
<p>#su_xing_cyu</p>
<p>#出世街道</p>
<p>#夢のおかわり

京都MUSEなんていう小さいハコでのこの2バン、こっからさき観れる気があんまりしません。

というわけで入場時の

「お目当てのバンドは?」

には、もちろん、

「両方です!」

↑そりゃあもう元気よく答えましたよwww。

昨年の年末、武道館を売り切ったフラカン

それにあたっていろんなライブハウスやバンドにお世話になったってコトはみなさん周知の事実で。

その中でも特に四星球には、秋にあった某?フェスでは風邪をひいて声の出ないフロントマンの代打を康雄くんに務めてもらったっていうくらいお世話になっていて。

そんなこんなの昨年への感謝というイベントの趣旨と、四星球のレコ初なんだから(フラカンもツアー中ではあるけれど)、フラカンが先にやるだろうという予想と、いや、それは四星球サイドがあかんていう(兄さんに先にやってもらう訳にはいきまへんっていう意味で)んちゃうん??っていう予想がわたしの界隈では入り乱れてましたが、おおかたの予想通り?四星球→フラカンでした。

康雄くん以外のメンバー全員が前さんコスで登場した四星球、レスペクトをこめた最強のイジりパフォーマンスを披露してくれました、最高か。

鍋奉行パエリアに挑戦」では「ご当地ネタが八つ橋くらいしかないから」とまさかの「鍋奉行ごっこを続けながら旅の途中」に変更、フラカンメンバーの物まねをフロアに強要www。

それから圭介さんが登場してのクラーク博士には汗腺がぶち切れた。

圭介さん「(去年の)モンバスで聴いて初めてかっこいいって思った」そうです。

・・・初めてってwww。

フラフープがでかいと文句も言ってましたが果敢にチャレンジしてました、かわいい。

最後に、

フラカンのメンバーチェンジなし!活動休止なし!ヒット曲なし!が武道館で聞けて本当に感動した」

ってMCから、

「メンバーチェンジ、これからはなし!活動休止これからもなし!ヒット曲・・・いまのところなし!」

って叫んでからの

Mr.COSMOが秀逸すぎて震えた。

U太くんがことあるごとに、

「自分たちがバンドをやるにあたってのお手本」

ってフラカンのことを言ってくれていて、そんなフラカンへの愛とレスペクトがいっぱいに詰まったライブだったと思います。

それからフラカン

四星球のパフォーマンスにひっぱられているかのような、本当に熱いライブを見せてくれました。

なによりなにより「涙より早く走れ」が聴けたのがうれしかった。

それから武道館ぶりの「発熱の男」。

曲の入りの「武道館で喝采を浴びている」で号泣してしまったのを思い出して、涙腺がまた緩んでしまいました。

数年前、自分が底の底にいたときに耳が腐るんじゃないかと思うほど聴いた曲。

この曲を聴きながら、流れていく街の光景をバスの窓からぼんやり眺め、奮い立たせることも出来ない自分を抱えていたことは今でも鮮明に思い出せる。

そのときの出来事って今となっては本当に笑い飛ばしてやりたいほどの出来事なんだけど、それでもそこからひっぱりあげてくれたこの曲とこのバンドのことは、わたしにとって笑い飛ばせるようなものではありません。

音楽って本当に偉大だって、そう思います。

アンコールでは

「去年、この曲を5回も歌わせてもらって、いろんなバンドマンからそれはあかんやろう、って言われた」

っていう深夜高速を康雄くんも参加してやってくれました。

康雄くん、ほんとに歌がうまくなったなぁってなんだかちょっと感動してしまってwww。

すいません、上から目線で。

でも、はじめのころ「何でわたしこのバンド好きなんやろう・・・」って思うくらいやったんですよ??

そこからの下ネタ大会・・・もといブリーフ大会。

前さん

「今日四星球がおれのコスプレで出てくれたから、フラカンもブリーフで出たら・・・って一瞬思ったんだけど・・・」

やばい、竹安のブリーフとか絶対やばい。

圭介さんのブリーフはたぶん、保健室で身体測定やってる小学生になるわwww。

来年15周年を迎える四星球。

前さんが

「来年は四星球の祭典をやろう」

って言ってくれました。

そのときにはブリーフをはくことも辞さないんだそうです。

でも、40代のブリーフと30代のブリーフはぜんぜん違うんだっていう圭介さんの主張、その通りだと思うのでお控えいただいた方がいいのかもwww。

それでもお互いのバンド愛に満ちあふれたいいイベントで、とてつもなく満たされた時間をすごすことが出来ました。

四星球とフラカン、両方のバンドに感謝です。

ランキングなぞ参加しています。

ぽちっとして頂けると喜びます。

にほんブログ村