読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

魔界大宴会vol.20”通算20回記念大宴会!”@CLUB METRO

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE! 

このライヴの翌日、KYOTO museで別のライヴを見たんですが、なんだか首が痛くて。
なんでかなぁって考えてたら、
あぁ、そうだ昨日、なべさんを見上げてたからだ
って思い当りました。
やっぱりなべさんってでかいんだなぁ(笑)。



という訳で。
2011年9月4日。
京都クラブメトロへ行ってまいりました。
騒音寺以外は初見だった、でもとても楽しかったライヴの記録です。

この週の金曜日、ワタシがとても楽しみにしていたotodamaの中止が決まりまして。
デブでノロノロの台風が怨めしい。
これ、フラカンの竹安さんのオコトバなんですが、まさにその通り。
ホントに恨めしくて。
なんだか空虚な気持になってしまって。
だもんで、この日十三ファンダンゴでイベントが急きょ行われたんですが、それには行かず。
でも、このイベントはチケットも取ってあったし、2カ月近く騒音寺も観てないし…
ってことで行くことに決めました。

久しぶりになべさんに会うからと?、ヒョウ柄キャミの女ヒョウスタイルで出発。



どうにかしてください、このヘンタイ。

ちょっと早めに河原町で友達と合流。
河原町通の上島珈琲でお茶して、アラバキのオミヤゲ話やら聞いて。

 

あ、ホントのオミヤゲももらいました。
東北限定のうまい棒
otodamaの会場でみんなで食べようと思ってハコ買いして来てくれたんだそうで。
ありがたやありがたや。

で、いい時間になったので三条から京阪で丸太町へ。
…あ、今は神宮丸太町って言うんだよね。
会場は駅から直結のライヴハウス
入場してビックリ、会場はめっちゃせまくて、何ていうか洞窟?魔窟みたい。
ステージに奥行きがあって、ドラムセットは一番奥。

 

そして天井にはミラーボール。
かっこええハコです。
そこで別の友達と合流、2列目あたりで開演を待ちました。

オープニングアクトカルガモネンド。
名前はよく聞いたことはあるんですが、観るのも聴くのも初めて。
ドラムさんがかわいい。
ベースさんが散らかってる(笑)。
でもってヴォーカルさんがネコ顔で。
何ていうか、そう狐のお面見たいでかわいかったです。
音もけっこう好みで、また機会があったら観てみたいなぁって思えるバンドでした。

続いて日本マドンナ。
”にほんまどんな”じゃあないんだよ、”にっぽんまどんな”って読むらしい。
このバンド、2月に四星球のワンマンに行った時に、やすおくんが
「フーテンの花、日本マドンナって言うバンドに負けたんです」
ってチャートの順位のコトを言ってたので、なんだか印象に残ってまして。
女の子3人で、ベースさんがヴォーカル。
ギターの子はギターにクロマニヨンズやらハイロウズやらブルーハーツやらのステッカーがぺたぺた貼ってあってわかりやすい。
それからドラムさんが超!ベッピンさんでした。
かわいいし、スタイルもいい。
そして、意味でも悪い意味でも挑戦的なバンドでした(笑)。
たぶん、椎名林檎とか好きなんだろうなぁ、ヴォーカルさん。

で、続いては、THE WAYBARK。
なぜかステージにはガンダムやら仮面ライダーやら、初号機やら。
別に何かに使うって訳ではなく、飾ってあるだけらしい。
ちなみにスピーカーの上の初号機とライヴ中に目が合ってしまいまして、目をそらせなくなってしまいました、どうにかしてくれ(笑)。
それから、ヴォーカルくんのズボン(パンツじゃあないんだよ)がアディダスのパチモンみたいで。
あれはオシャレジャージ?それともパンツ?って友達に聞いたら、
「衣装のスーツのパンツだよ」
って教えてくれました。
ううむ、ますますわかんないぞ。
そして、まるでガンダムが跳びたちそうなSEと照明で、スタート。
まぁ、ヴォーカルくんのお肌のキレイなこと。
お顔の整ってること。
でもって、青森弁のMCのかわいらしいこと(笑)。
でもって終演後にハイロウズ自慢につきあってくれてありがとう。
ムダに歳を取っててよかったぜい←謎。

そしてそして、騒音寺
今日のなべさんの衣装はなんだろうねぇ、ってしゃべってたら。
「赤だよ」
って友達が教えてくれました。
…っていうかフツーに丸見えだよ(笑)。
これはなべさんがでかいからとかそんなんじゃあなくって、フツーにフロアからステージ脇の控え室?が丸見えなんです。
セッティングが終わり、いつものSEでメンバーが登場。
やっぱりかっこえぇです。
実は騒音寺のニューアルバム、この日が発売日でして。
「アルバム発売前からツアーは回ってるけど、今日からはまた一味違った感じで全国津々浦々回りますんで」
って言ってました。
それから、ツアーファイナル(新宿LOFTでワンマン)の告知をした時には、
「ホントに来いよ、この歓声を俺は忘れへんぞ」
とか言ってはりましたな(笑)。
今回、アルバム発売前のツアーに行けなかったワタシ、この日何の予備知識もなく初めて聴く曲が多くて。
でも、ずっと踊ってました。
大阪ジョンガラ考のリードギターがめっちゃカッコいい。
でもって、風呂屋のブルースもよかった。
あ、それから帰り道が久々に聴けました。
3月の片山くんの弾き語りの時以来かなぁ。
この曲のイントロのときに、なべさんとがっつり握手。
しかもまたまたカップルつなぎ♪
あと、何の曲のときだったか、バスタオル(星条旗柄でした、かっこええ!!)をたたんで頭からかけて、お風呂に入ってるおっちゃんみたいになってるんだけど、ワンコみたいなすわり方してたなべさんがめっちゃかわいかった(笑)。
そんなこんなで、騒音寺終了。
最後の、
「ありがとう、いいライヴだったよ」
っていうなべさんのお言葉にトドメをさされました(笑)。
でも、その後でなべさん、フロアーと控え室の間ののれん?みたいになってる境目を破壊してて受けました。
しっかしまぁ、赤のきらっきらスパンコールに星条旗柄のバスタオル…ヒーローがいたらこんな感じかしら、って感じ。

その後はちょっと後退して、バーカウンターのあたりでDroogを。
メンバー全員まぁ、ホストみたいなオトコマエぞろいでびびる。
ヴォーカル君のメイクがスゴイ。
あんだけ汗まみれになってるのにぜんぜん落ちない、見習いたい(笑)。
拡声器が出てきたときはちょっとビックリしました。
しかもサイレン鳴らされて、ちょっと受けました。

さて、終演後。
CDを買うという友達と一緒に物販へ。
タオルを買うかどうか悩む友達。
すると、並んでつるしてあったなべさんタオル、PAN兄さんデザイン騒音寺タオルの間から、なべさんのお顔が登場。
「ここにおるけどな~」
って。
わかってます、胴体見えてますから(笑)。
最後は友達と3人でなべさんの両手にわらわらわらわらハーレム状態でライヴ終了。
まさに”魔界”という名がぴったりのイベントでございました。

さて、翌日。
KYOTO MUSEでのモヒカンくんのお誕生日。
またぼちぼちっとレポります。