読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

ザ・クロマニヨンズ TOUR ACE ROCKER 2012@梅田AKASO

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!

もうね、いい加減レポ書かないと。
書きたいんだから、書かないと。



というわけで(ナゾ)。
2012年2月22日、ニャンニャンニャンコの日。
梅田AKASOでのクロマニヨンズ、参加してまいりました。

「俺たちのロックンロール、俺たちのエースロッカー」
そうクロマニヨンズのことを紹介した、前説くんののコトバに珍しくドキドキした、そんなライヴの記録です。
 
当日は仕事は午後休をいただいて、梅田に向かいます。
この日一緒したのは、ハイロウズのころからずっと一緒にライヴに行ってる友達。
彼女が結婚して、子どもも生まれて、一緒にライヴに行ける回数は減ったけど、でも、打合せも何もしてないのに持ってきたTシャツが一緒なあたりに年期(笑)を感じるわけで。

梅田で軽くお茶して、AFTERNOON TEAなぞを冷やかして。
結論。
花柄のワンピースはどうやって着たらいいかわからん。
でも、最近はリバティ柄とかいとしくてたまらん。

そんなことは置いといて。
雨も降ってきてたので、ちょっと遅めに会場に向かいました。
去年のちょうどこれくらいのころ、四星球のワンマンを観て以来の梅田AKASO。
やっぱり今回も道に迷っちゃった(笑)、迷わずにいけるようになるのはいつの日か。
この日の整理番号は180番台。
到着したらもう番号は呼ばれてたので、まるっと会場へ。
マーシー側のフロアの最後尾、壁にもたれられるポジションを確保して、開演を待ちます。
フロアの最後尾ってコトで、3段?くらいのちょっとした段差があるこのハコ、最初はまるっとステージが見えたのですが、人がどんどん集まるにつれて見えなくなってしまいました(当たり前だよ)。

ほぼ予刻に前説くんが出てくる。
お、前説くん、5月に岡山で観たときは坊主だったのに髪の毛伸びとる。
しかも気取った帽子なんかかぶっちゃって、なんだかホストみたいだよ?
この方は何を目指してるんだろう(笑)??
そしていつもどおりのカツゼツの悪い前説からSEが鳴り、俺たちのロックンロール、登場!!
それにしてもSEがカワイイ。
あれ、わざわざみんなで録音したんだよね?、その光景を想像しただけで激しく萌えるんですけど←ヘンタイ。
それから今回のメンバー登場のくだりの演出、大好きです。
いやおうがなしにテンションあがるわ、あれは。

オープニングナンバーは、アルバムと同じく、他には何も。
この曲のギターソロを聴いたときに、目の前がなんだか明るくなったような気がした。
続いて、欲望ジャックとかシャニング、ハルなんかのアルバムのナンバーが続きます。
どうでもいいけど、ゴーゲバゴーが楽しすぎるんですけど!!

「おーい!!
元気だったか??
最高だよ、全部最高。
最後までこんな感じで楽しくやれたらいいなと思います。
少々、いや大分ハメを外して帰ってくれよ。
どんどんやって行こう!!ロッケンロールだよ!!」

こんなMCからの中盤、あったかいからスピードとナイフの流れで涙腺がプチ崩壊。
きゃぁぁぁぁゆうてまいました。
そこからグリセリンクイーン、で、底なしブルー。
たまらん、かっこよすぎる。
底なしブルーなんてイントロ聞いただけで鼻血が出そうなくらいカッコイイ。

あと何だ、ミサワのエルボーの話してたかな。
「ミサワのエルボーは遺伝子を持つコウジが受け継いでいるんだよ」
とかゆうてたような気が。

「最後まで止めないで、ぶっ飛ばしていくので、ケガせんように盛り上がってくれよ!」
ここからはホントにノンストップ。
ひらきっぱなしからオートバイと皮ジャンとカレー、紙ヒコーキ。
・・・殺す気ですか??なぁんて思ってたら、トドメにエイトビート

去年の3月11日、京都会館でこの曲を聴いた。
そのことをワタシは一生忘れない。
あのときの自分自身の気持ちと、何か張り詰めたような感じのした会場の空気、そして何より何よりみんなの無事を祈るヒロトの切なそうな叫び。
何もわからない中で、今ここにいていいのか、って疑問を抱いていた人も多かっただろう、そのただ中で。
そんな人の気持ちも、自分の気持ちも、もちろんワタシの思いも全部引き受けて叫んだあのヒロトの声を一生忘れません。

あの日からこの曲を聴くと泣きそうになってしまう、もしくはうっかりしてると泣いてしまうのです。
うっかりしてたので号泣してしまいまして。
そのまんま、流線型、そして本編最後はもちろんナンバーワン野郎。
この終盤の流れ、最強やわ、たまりません!!!

そしてアンコール。
「コビー、抱いて!!」
ってすっごい声で叫んでる男子がいて吹きました。
しかもそれが呼び水になって、色んな男子が、
「俺も!!」
「俺も!!」
って叫ぶ。
苦笑交じりに「熱烈だねぇ」って言いつつアンコールスタート。
「ちょっと用意します、こちらの事情です。
ライヴで初めてやる曲なんで・・・。
準備はいいかー?クロマニヨンズ!!」
そんな感じで始まったのはメキシコの星。
なんだかほのぼのした感じでよかった。
イメージ的に「日曜日の使者」的な感じ??
その後は、ギリギリガガンガンからトドメに弾丸ロックでお開きとなりました。

最後尾にいたけど終わったらワタシも友達も踊りすぎて汗まみれ(笑)。
食欲もあまり無く、マクドナルドで軽くお茶して帰宅とあいなりました。



この日のアリガトウ。
まずは一緒した友達に。
あなた達がいるからワタシには恐れるものなんて何もありません。
ライヴに行くことをためらった時期もあったけど、そんなつまらないものはあなたたちの存在が吹き飛ばしてくれるのです。
そして、何より何より、キュートでカッコイイ、クロマニヨンズに。
彼らのぶれないロックンロールはいつだってワタシの背中を押してくれます。
へこたれていても、つぶれていても。
立ち上がる勇気と力をいつだって与えてくれるのです。

さて次回。
同じ週の土曜日、神戸WINTER LANDでのクロマニヨンズ
はじめから全開で、行こうと思います。