読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

~フラワーカンパニーズ全国ワンマンツアー~春チェスト!初夏チェスト2012(仮)~@金沢AZ

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE! 
さて、引き続いてのライヴの記録。
21世紀美術館兼六園の観光を終えたワタシたち、一旦解散して、ホテルにチェックイン。
少し休憩して身支度整えて、ライヴハウスを目指します。

金沢駅からバスに乗り、片町というバス停へ。そこから歩いて10分くらいのところに目指すライヴハウスはありました。
会場を待ってる間、写真撮ったりしてたんですが、面白かったのがコレ。



すげいよ、ヴィジュアル系

でもって一番残念だったのがスタッフさんが出してきたカンバン。


フラワーカンパニーになってます(笑)。


この日の整理番号は30番台。
番号通りに入場するも最前列は空いてなかったので、前さん側のちょっと後ろの方に自由に踊れるスペースを確保して開演を待ちました。
この日もほぼ定刻通りに開演、いつものSEでメンバーが登場します。
オープニングナンバーは、恋をしましょう!!
うほほい、この曲スタートはムダにテンション上がるから好き!!

それから、この日も聴けた、涙よりはやく走れ。
この日のMCでCMの話がやっぱり出て。
今やってる味の素のCMの話から15年くらい前にやってたとんがりコーンのCMの話になって。
圭介さん、歌入れの時に広告代理店の人から、
「もうちょっと普通に歌って下さい」
って言われたらしく。
で、
「いや、普通に歌ってますよ」
ってかえしたら、
「変わった声ですねぇ」
って言われたそうで。
「確かに今聴くとちょっと変わった声だよなぁ」
って言いつつも、
「俺は年をへてちょっと丸くなった鈴木の今の声が一番いいと思ってるけど」
って前さんが言ってたけど、ホントにその通りだと思う訳で。
この曲も昔は声を高く張りあげて歌ってたんだろうなぁって思って、それはそれできっといい意味で痛々しいとんがったカッコ良さがあったんだろうなぁって思うけど、でもワタシは今のこのアレンジがカッコ良くて、でも、どこか切ない感じもして、大好きです。

あ、ここまで褒めといてなんですが、件のCM、YouTubeの海から見つけてまいりました(笑)。



うん、イコライザーかかってる(笑)。

さて、お話を戻します。
この日は、ロックンロールから、この曲、そして深夜高速への流れに全部持っていかれたような気がします。
その後の年を取るってこと、はじまりのシーン、日々のあぶくを含め、圧巻の中盤でした。

メンバー紹介。
名古屋に引き続き、竹安さんがオモロイことゆうてました。
ライヴの前日、犀川っていうところで桜を観たそうで。
桜橋っていう橋があるそうで、
「いいとこだね、あそこ」
これだけで笑が取れるのもすごいけど、その後、
「そこから、あと、大橋?っていう鉄橋が好きで、こことそこを行ったり来たりしてた」
前さんがそれを受けて、
「行ったり来たりしてたんだ、不審者だな、それ。
不審者に間違われちゃうよ、お前」
その時タイミング良く?顔を拭きながら現れた圭介さんの方を見て、竹安さんがボソッと
「…不審者」
って言ったのが面白くて。
やっぱり竹安さんってうっかりオモシロイ(笑)。

ミスコニ、
「まず、AZ、20周年おめでとうございます」
って韻を踏んで、圭介さんにいじられてました(笑)。

このライヴがあった日は、このライヴハウスのまさに20周年のお誕生日。
その日にフラカンのライヴを、っていうお話は何年も前からあったそうで。
日付も聞いてたから、ホントに何年も前からスケジュールを空けていたそうで。
たくさんのバンドがライヴをやる会場で、その中でフラカンに20周年のその日にライヴをやって欲しいと言ってもらえて嬉しいと言ってた前さんのホントに嬉しそうな表情が印象的でした。
それからフォー爆金沢の告知もありました。
ちょうどお盆休みだし、青春18切符使える期間だし、行こうかなぁ。

この日はダブルアンコール最後の盆踊りが終わっても、アンコール待ちの拍手が鳴り止まなくて。
照明もついて客出しのSEも鳴って。
帰っちゃう人もチラホラいて。
それでもしつこくアンコール呼んでたら、前さんが、
「物販のお金持って出てきたらまだみんな読んでるんだもん、ビックリした」
って言いながら出てきてくれて。
「20周年だから、もう1曲やります」
って、さよならBABYをやってくれました。
これもライヴでは久々に聴いた気がします。
で、気づいたら涙腺がゆるんでしまってました。
いい日にいい場所でいいライヴが観れて、しかもトリプルアンコールまで応えてもらえて。
ホントに幸せだなぁって思ったら自然に泣けてきた訳で。
別にワタシのために出てきてくれてる訳でも何でもないのに、キモイよ、ワタシ(笑)。
でも、確かにあの瞬間、幸せの絶頂にあったのは確かなので良いとします。

あ、こんだけ褒めといて感動しといてなんなんですが、コレは面白かったから書いときます。
Meet the world beatで、前さんがステージから落ちて失神したっていう話をしてた時。
「俺、あの日ゆずにサインしたんだよ。
ファンだからサインくださいって言われてさ。
あのゆずにサインしたんだよ。」
ってしきりに言う圭介さんを、
「そんなビッグな人にサインしたことを自慢してるお前がスモールに見えるわ!」
って一蹴した前さん(笑)。
なんて言うの、もうね、愛を感じます(笑)。

金沢、初めて行った土地だけど、ホントに楽しかった。
この日、会った人に、それから知り合うコトができた人達みんなにありがとうって言いたいです。
ちょっと前までのワタシなら、一人で遠くまで行ってライヴを観ようって思ったりしなかったかもしれません。
その堰をいい意味で開いてくれたフラカンにも感謝したいです。

 

さて次回。
4月27日、仙台でのフラカン和義。
いよいよ仙台、まだ追いつかないっ!!

***************************************
20120421フラワーカンパニーズ@金沢AZセットリスト

恋をしましょう
切符
チェスト
パンク はうまく踊れない
脳内百景
ヌードコアロッックンロール
MRI
煮込んでロック
ロックンロール
涙よりはやく走れ
深夜高速
年をとるってこと
はじまりのシーン
日々のあぶく
馬鹿の最高
俺たちハタチ族
ラララで続け
終わらないツアー

アンコール
春色の道
はぐれ者賛歌

アンコール
Yes,  Future
真冬の盆踊り

アンコール
サヨナラBABY