読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

月のしずく

2015年1冊目の読書の記録は、浅田次郎の短編集。

彼の書く作品の人間模様はとても繊細で、切なくて、温かい。

自分が人の温かさに飢えてる時に読むと、胸が押しつぶされてしまうんじゃあないだろうか、って思うような細やかさにあふれています。

この短編集には7編の短編が収められています。

ひょんなことから目の前に現れた美女に恋心を抱く、コンビナートの工員、昔の恋人への想いを抱えたまま結婚生活を送る女、幼いころに自分を捨てた母に会うためにイタリアを訪れる女とその婚約者。

さまざまな人物が織りなす、愛と情の物語です。

恋人、夫婦、友情、家族、親子、さまざまな情があって、それぞれに物語があるのです。

そして、別離であったり、ともに歩む道であったり、登場人物たちが選ぶ道もまたさまざまで、その先に訪れるのが必ずしもハッピーエンドではなかったとしても、何らかの光がさすような情景を思い浮かべることができる。

短編であろうと長編であろうと、とても上手に「切なさ」を詰め込んでくる、とても「上手い」作家さんだなぁって思います。

もちろん、ねらいすまされた感があるのは確かだけれど。

いとおしいと思う気持ちと切ないと思う気持ちを感じることのできる短編集です。

月のしずく [ 浅田次郎 ] - 楽天ブックス
月のしずく [ 浅田次郎 ] - 楽天ブックス

20150108読了。

★★★★☆