読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユレテミヨウカ

大好きな音楽、ライブ、編み物の記録をぼそぼそつづります

こんがりおんがく祭2016@大阪城野外音楽堂

続いての5月の記録は、2016年5月7日、日曜日。 わたしの周囲の世間的には(つまりはついったのタイムライン的には)、カミングコウベがアツかったであろうこの日。 わたしはといいますと、大阪におりました。
20160507
201622 こんがりおんがく祭@大阪城野外音楽堂
ついったのタイムラインがカミング祭りな中、わたしは今年初の赤犬さんを拝むために大阪城野音へ。
この日の大阪城野音には程よく酔っ払いが溢れ、みんな程よく楽しんでる感がゆるくて楽しかった。
そして、赤犬さんはやっぱり最高。
30分ほどのステージにあれだけのものを詰め込んで、みんなを笑わせてくれて踊らせてくれるバンド、なかなかないと思います。
どうでもいいけどナイトサパーズの腕が伸びた理由を小一時間ほど問い詰めたい笑。

もちろん他の出演者もみんな素敵だった。
c。
それから、こんな機会めったにないからと最前列で拝んだ峯田が圧巻でした。
自分がグラグラ揺れた。
気持ち悪いくらいに、ゆさゆさ揺さぶられた。
弾き語りの「人間」で始まって、フロアの大合唱が野音に響いて、その時点で意味もなく涙腺が緩んだし、アンコールでは「あとで叱ってもらっていいんで」って言い置いて、照明を落としてもらって、アコギのコードを引っこ抜いて「新説銀河鉄道の夜」。
ああ、やっぱり峯田は峯田なんだ、圧倒的な世界を持った峯田なんだって痛感。
遠くからでもいいからまた観たい。

#こんがり音楽祭 
#こんがりおんがく祭 
#スチャダラパー
#赤犬 
#峯田和伸 
#銀杏boyz 
#neco眠る
#オシリペンペンズ
だって…赤犬さんが観たかったんだよぉぉぉwww。 そんなわたしの期待を裏切らないのが赤犬さん。 いつも通りのテッパンの楽曲にテッパンのパフォーマンス…と思いきや、衣装が変わってる。 タカアキさんが間違えて棺から出てきたダムドみたいでじわじわ来ました。 それから、恒例のチークダンスタイム、真剣に逃げ惑う子供をかなり真剣に追いかけるナイトサパーズ。 そんな大人げのなさも大好きですwww。 でもやっぱりハイライトは、
腕が長いんです。
この後壁にへばりついた姿はまさにやられた使徒でした。
#こんがり音楽祭 
#こんがりおんがく祭
#赤犬
#ナイトサパーズ
これ。 腕…腕…wwwww。 もちろん他の出演者も素晴らしかった。 neco眠るの奏でる音でゆらゆら踊るのは本当に気持ちよかったし、ブギーバックを最前列で聴けたのは本当にうれしかった。 オシリペンペンズのカオス感満載だけど、なんだかかわいらしいパフォーマンスもよかった。 そしてそして、こんな機会これからあるかどうかわからないからと、そのまま最前列で観た峯田が本当に圧巻でした。 普段最前でライブを観ていて、バンドマンと目が合った(ような気がした)ら視線をそらしてしまうんですが、彼からは視線を外すことができませんでした。 まわる まわる ぐるぐる回る 吐くまで踊る 悪魔と踊る 弾き語りの「人間」で始まって、フロアの大合唱が野音に響き渡って、その時点で涙腺が意味もなく緩んだし、アンコールでは「後で僕のこと叱ってもらっていいんで」って言いおいて、「この曲はこれくらい暗い中でやらないと」って照明を落としてもらって、アコギのコードも引っこ抜いて弾き語りで「銀河鉄道の夜」。 わたし自身は銀杏もゴイステもど真ん中を通っていません。 でも、峯田の吐き出す言葉は胸が痛くなるほど突き刺さったし、彼が吐き出す歌声からは好きだとか嫌いだとか、美しいとか不潔だとかそんなことを超越したものを感じることができました。 見せつけられて魅せられた。 この日感じたあの感覚を再び感じたくて、私はライブに行くのかも知れません。 アンコールのオーラスは出演者全員がステージに上がってのブギーバック。
昨日のオーラス、それはそれは気持ちよさそうにブギーバックを唄う峯田。
昨日は、好きだとか嫌いだとか、合うとか合わないとか、気持ちいいとか気持ち悪いとかそんな次元をを超越したパフォーマンスを見せてくれました。
見せつけられて魅せられた。
*
#こんがりおんがく祭 
#こんがり音楽祭 
#峯田和伸 
#銀杏boyz
それはそれは気持ちよさそうにブギーバックを歌い踊る峯田。 聴いているこっちも気持ちよかった、また来年もこんな気持ちいい時間を過ごせたらいいのになぁ。 *********************** ランキングなぞ参加しています。 ぽちっとして頂けると喜びます。 にほんブログ村